学び・知識・知る事

他人の趣味趣向が全く分からない理由。

人の異性への好みって、さまざまです。

他者の好みを理解できない場面も
あると思います。

どうしても自分の感覚としては、
この人の感覚・異性の趣味が全然合わないな。

ってことがあったりします。

例えば異性に関して魅力的だと感じる
タイプが全然納得できない。

なぜその人が魅力的だといってくるのだろうと
疑問に思ってしまうような人を
魅力的だと言う人がいます。

で、ここって話をしていても、なかなか
理解できないんですけど、これって人によって

どこの感覚器を優先するタイプなのかによって
全然判断基準って変わってくるんですね。


一般的には視覚で判断をする人が多いので、
見た目が良いであったり、
スタイルが良いであったり、
視覚から来る情報を最優先にして魅力
を測る人が多いんです。

なので、多くの人にとってみて、見た目が良い人は
魅力的であると感じやすいんです。

ところが、これを前提に話をしていると
全然合わない人がいるんです。

一体どんな基準で選んでるんだろう?と不思議に思う
事がたびたびある。

でも、本人も自分がどの感覚器を優先にして
異性に魅力を感じるのかが分かっていない場合
が結構おおくて。

例えば声が魅力的だと強い魅力を感じる人
っているんです。

でも、それを言っている本人は自分は異性に
対して自分の聴覚を優先にして相手を選んでいる
という事に気がつけないと。

「あの、〇〇さんって、すごくかっこよくない?」

と言ってくる。

で、言われた側が、視覚を優先で異性を判断
するタイプであれば、言葉の通りに
受け取って、

”視覚でとらえて、かっこいい。”

という解釈をします。

するとその人は視覚から見たら、全然かっこいいとは
言えない人だとする。

そうすると、
「全然、この人はかっこよくない。。。」
と思ってしまう。

で、それが続くと、

視覚優先の人からすると、

ブス専なのかな・・・?

といったとらえ方になっていく。

実はここ、男女関係だけではなく
多くのすれ違いを生んでいるポイントなので
詳しく掘り下げて話をしていきたいと思います。

例えば、先ほどのように

聴覚を最優先にして異性の魅力を感じ取る
女性の場合に言葉から出てくるのは

「あの、〇〇さんって、すごくかっこよくない?」

なのですが、本人は聴覚を優先にして
男性の魅力を感じるのは生まれてから
ずっと自分にとっては当たり前の事なので

自然にそれを優先にした感覚として出てくる言葉が

かっこいい

だったわけですが。

これって人には、視覚・聴覚・嗅覚どれを最優先に
するかは違いがある。

って事が分かっていると、使われる言葉は本来は
大きく変わるわけです。

この事が分かっていると、

「あの人の声がすごく好みの声。
私は声が素敵な人に魅力をもっとも感じる。」

になるわけです。

これを前提に考えていくと、他のケースでも
さまざまな理解ができない事が理解がしやすく
なるんです。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-学び・知識・知る事

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER