女遊び

コストの割き方で効率はびっくりするぐらい変わります。

これは私が意識してる大切なことです。

遊ぶことを大切にしています。

それは女性関係だけに限らず、
様々な自分を楽しませる遊びを
大切にしています。

その中でも女性遊びは最も大切な
分野の 1 つにしています。

そうすると、その活動を効率的に行うために、
自分が使うコストというものについて
意識しています。

私たちは何か対象を決めてコストを使うのですが、
無尽蔵にそこにコストを割くわけにはいきません。

自分の限られたリソースの中で、最大の成果を
出すためにコストパフォーマンスの良い
活動をする必要があります。


そこで、非常に大切になる考え方が
使用頻度の高いものにコストを多く割いて。

使用頻度の低いものにはコストを
割かないということです。

そうしないと、きりがないからです。

これ考えないで適当にやっちゃうと
ものすごく効率の悪い活動になります。

女性関係で言えば、使用頻度の高いところは
どこかを考えた方がいいです。

そうすると使用頻度が高いのは
女性から目に見える部分に対して。

ここは常に使うということがわかります。

それと話をする内容。

これもめちゃめちゃ使用頻度が高いです。

話をする内容はその人の経験や
考え方からくるので、そこの使用頻度が
すごい高いということが分かります。

極端な例で話をします。

サーフィンやったら、その響きも
含めて女性にモテるだろうなと思って。

コストを使っても、これって使用頻度
ってめちゃめちゃ低いわけです。

その割に 1 回行くとなると
平気で 7・8 時間飛んだりします。

だったら毎日欠かすことなく
最低限の肌のメンテナンス。

そして日々1 時間程度の運動。

新しい物事のインプット。

それに分散させた方が、その結果から
でるものの方が利用頻度は
圧倒的に高くなります。

同じ使う 8 時間だとしても

週に1 回サーフィンに行く。

毎日分散して使った1週間の
トータルの 8 時間。

対女性遊びに関しての
使用頻度は圧倒的に後者の方が高いので、
効率的な活動は後者の方をやってる人の方が
効率的に良くなる。

このような考え方です。

自分の使用頻度が高いところに
自分のコストを割くと、その対象に対しての
活動の効率は非常に良くなります。

ということは、費用対効果が悪いことに
いくらコストを割いたとしても
リターンはほとんどないということです。

でしたら思い切って切ってしまった方が
良かったりもするわけです。

誰でも使えるコストは有限であることから、
ここの振り分けっていうのは
必ず考えなければいけません。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER