男女の差

若い女性達との世代間ギャップの微調整シリーズ。/その6

考え方を上の世代の人たちは
大幅に変えないと全く話を聞いて
もらえなくなりますし、お互いの価値観が
かなりずれてきているので、お互いに
言っていることが全くわかんない。

っていう状況になるので、ここでの微調整
っていうのが必要だなと思ってます。

男女関係に焦点を持ってくるならば

どのような点に微調整がいるのかっていうと、
まずこれまでの結婚や恋愛という考え方は
大きく変わっていくことになる。

この前提を持てた方がいいです。

昭和的な恋愛の考え方はもう終了しました。

でもまだ社会の度的には、その制度で引っ張ってます。

昭和の社会の制度を引きずっているわけです。

ここも大きな問題。

ですが、人間の長い歴史で見てきたら

恋愛をして結婚をする

というのが当たり前だった期間って
びっくりするぐらい短いんですね。

では、それまでどういったことを優先にして、
結婚は成り立ってきたのかって言うと

生活を前提

に考えて結婚っていうのは行われてきたわけです。

ただ、例外的に経済が尋常じゃないぐらい
発展してきたので、そのタイミングで
少し考え方が変わって

お金を持ったら各々が好きなことをやりたい

という考えが優先される。

そしたら結婚というものも自分で自由にしたいから、
自由に恋愛をして、自由に恋愛をした相手と
その先の生活も自分で決めるんだ。

ってなってきたのが、これまでの
昭和的な価値観です。

でも、それがもう終わった。

ってのが、そろそろ世代の若い人達が気づいた。

そろそろ上の世代側も考え方を変えていかないと
いけないんです。

よって恋愛と結婚っていうのがイコールに
ならなくなっていきます。

では、どういった考え方が
より強くなっていくのかっていうと、、、、
昔に戻るんです。

生活を前提に考えて、パートナーを決める
という形になっていきます。

そういった考え方がだんだん増えていくはずです。

生活が厳しくなるんであれば、大切なのは
生活だから、そこを前提に考える
というのが当たり前になっていきます。

貧乏になっていくってことはそういったことです。

生活に余裕があるから恋愛をする。

余裕も生まれる。

でも生活に余裕がなかったら生活を優先にして
考えなきゃいけなくて。

恋愛は後回しになっていく。

そうすると結婚と恋愛というのは別って
ことになります。

この考え方って徐々に若い世代には広がってきて

例えば今パパ活をやっている女性達が
増えているんです。

そのパパ活をやっている女性達と話をしていて
結婚の話になっても、その中の女性たちは
鋭いことを言うわけです。

それはパパ活で一緒の時間を過ごして
ご飯行ってお金もらうのと

生活を安定させるために経済力を前提に男性選ぶ
のって一緒だよ。

ってのを言うわけです。

これって、今の情報を色々手に入れてる
女性達にしてみたら、気付くわけです。

元々結婚という形が取り入れられた背景と
パパ活っていう背景は、そこまで大きく
違わないってことに気づいちゃってるんです。

本質を見てくと、そういった本質もあるんで
私もそれについては全然否定しないです。

こういった話をした女性に対して

「勘がいいね。
もうそこに気づいたんだ。」

って言ってたぐらいです。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-男女の差

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER