影響

見るものは選ぶ。/その2

ニュースなどのメディアは、人の行動に
大きな影響を与えることを前回
お話してきました。

これはもはや発信してる側は十分に知ってるんです。

で、ネガティブなことを発信すれば、
それに反応した事件が多くなるってことも
分かってて、ポジティブなものを発信すると
ポジティブな反応が多くなるってことも
分かってるんです。

ただ、ここにはネガティブなもので
恐怖心を与えた方が購買意欲が増して、
物がよく売れるようになる、という関連があるので、
ネガティブなほうを多く流してるわけです。

こういった面を排除して。

もしもポジティブな意味で
影響を与えるっていう面で考えたら
こちらを知っておくといいわけです。

例えば、募金活動をする人たちが熱心に
募金活動していて、その人たちに対して
善意の人達が募金をするっていう人たちのシーンを
見せれば募金をする人の割合は増えます。

人を助けてる映像を見せれば、次の時に
誰か困ってる人がいたら、その人が人助けの
行動を起こす確率が高くなるんです。

これがわかれば自分に良い影響を与えることも
可能ですし、それを自分の潜在意識に埋め込める
って事がわかってくるわけです。

だから自分が見るものは自分で意図して選んでた方が
良いという話につながります。

この点に無自覚で、ただ自分に刺激を入れたいから
と言って明らかに、ネガティブなものをいっぱい見て
いればそちらに引っ張られてしまう。

例えば非常に優秀な脚本家がいて、ずっとどうやって
人を〇すか、ということを仕事から考え続けているうちに
心が病んでしまった。

なんていう話は、たびたび出てくるわけです。

このように目で見るだけでも影響を受けるわけです。

ただ影響というのは、もっと強く影響を
受ける形もあるんです。

強く影響を与えるっていうのは、
その人が言葉で言っていることから
影響を受けるよりも

「その人が何か具体的にやっているもの
を見ることによって、より強く影響を受けるんです。」

↑ここも大切なポイントだったりします。

例えば自分が頻繁に一緒にいる友人が親切な人で
困ってる人がいたら助ける。

それがもう普通の日常である。

そういった友人がいつもそばにいると、自然と
その行動から影響を受けて、そばにいる人も
同じようなことをするタイプになってくるんです。

人は言葉だけよりも、行動からより強く影響される。

ということは、よりポジティブな行動を出す人が
周りにいた方が、自分はより強く影響を受ける
ってことも分かってきます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-影響

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER