トラブル

トラブルに関しての判断方法。

人と人が関わると必ずそこにはトラブル
というものが起きます。

その時に自分が悪いのかもしれない
ってことを考える人っていっぱいいます。

ですが、トラブルっていうのは
自分が正しく行動をしていても
起きるものなんです。

例えば自分自身は非常に良い家庭で育てられて、
周りの環境にも恵まれて
友達にも恵まれて

ずーっと楽しく生活してきたとします。

新しい友達ができて、その友達との
新しいコミュニティに入って

そのコミュニティで関わっていて、
その人たちの話を聞くと、

そのコミュニティにいる人たちには
圧倒的にネガティブな環境で
育ってきた人たちが多い。


例えばネグレクトされていたとか
DV を受け続けて生きてきた。

結果的にリストカットしてしまうのが
習慣になっちゃった。

というようにメンヘラのような人達
だったとします。

そこで今まで通りのコミュニケーションの
取り方で関わっていると、ちょこちょこ
相手が自分の言葉で傷ついて怒り出す

なんてことがあるとします。

そしたら今まで、ちゃんとした環境で
育ってきた側としては自分が悪いんだ。

自分の言動が相手を怒らせている。

傷つけている。

・・・って考えちゃうんですけど、
これって客観的に見ると分かるんですけど。

今まで良い環境で育ってきて、周りとも
うまくやっていて、そんなに人を
怒らせるようなこともなかった。

そのような人が新しいコミュニティに行って、
そのコミュニティの中の人に限って

機嫌を悪くさせてしまう場合。

問題があるのはそのコミュニティ側に
所属している属性の人達なんです。

なぜならば今まで自分には問題なかったんです。

自分のコミュニケーションに問題はなく
だから、今まで楽しくやってきたんです。

ところがある特定のコミュニティに入った。

そしたらそこにいる人たちの生きてきた
環境は自分の知らない環境だった。

苛酷なものであった。

その人たちと関わっていると、その人たちの
気分を害してしまうことがある。

っていうのは、自分のコミュニケーションに
問題があるんではなくて、

相手側のコミュニケーションに問題があるんです。

そりゃそうです。

そのコミュニティにいる属性の人達は
過酷な環境で育ってきたわけですから、

その中で育って、その中にいたからこそ
反応してしまう言葉であったり、
言動であったり
反応するポイントがある。

情緒によっても、反応は変わってしまう。

何よりも、常に情緒不安定である。

なんていう状態になってるわけですから。

その人達と関わろうと思っても無理なんです。

なぜならば安定した反応ができない
人たちだからです。

そして、安定したコミュニケーションが
取れないのは、その人たちが
今までそういった環境で育ってきてしまったから。

だからこそ身についてきてしまったもの。

そうすると何もしてあげられることはない。

そして、そこにいても自分が良好な
コミュニケーションは取れない。

なぜならばコミュニケーションは
相手側の考え方も安定したものでないと

良好なコミュニケーションの継続はできないからです。

ということは、そのような場所に
自分がいる場合できることは 1 つだけなんです。

その場からいなくなるって事です。

相手を怒らせてしまう場合。

それは本当に自分だけの理由なのか。

っていうのを改めて考えた方がいいです。

コミュニケーションは相手があって
成立するものなので。

他の場所ではうまくいってる。

なのに特定の場所ではうまくいかない場合は、
それは特定の場所の方に問題がある

と考えた方がいいわけです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-トラブル

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER