会話・言葉

人が離れてしまう言葉と人が集まってくれる言葉。

インターネットで活動していくときに
言葉は非常に大切なものです。

今日はその言葉について、同じテーマで
活動していても、この言葉の使い方をすると、
多くの人が興味を持って集まってくれる。

一方、

同じテーマなのに、この言葉を使うと
離れていってしまう。

この言葉にはどのような差があるのか。

のお話をしていきます。

これ地味に大切な話となります。

自分が何かのテーマで女性の興味を
引きたいであったり、人の興味を引きたい場合。

その言葉は目立つ言葉を使うのは、非常に良いことです。

それによって、

何だろう

と気になって興味がひかれるからです。

どこにでもあるような言葉だと、それはスルー
されてしまうんです。

問題はここからです。

そういった、ちょっと目に付く言葉を使うのは
いいんですが、それを過激にしてしまうと
人が離れていくんです。

例えば。

かっこよく・美しくなっていくための集まり。

というテーマで活動するとします。

そしたら多くの人が自分にもメリットあるし、
そうなりたいし、その活動を一緒にやりたい。

って思うんです。

なので、ここでもうちょっとだけ尖った言葉
で興味を引くような言葉を使って、集めていくと
それってうまくいきやすいんです。

ですが、これ同じテーマなんですが、
ここをもっとトゲトゲさせちゃう言葉。

極端な言葉

を使ってしまうと興味を持ってくれて
友人になれたかもしれないような人たちを
遠ざけてしまうんです。

ここが非常に気をつけなければいけない
ポイントなんです。

言葉というのは珍しくて、刺激的な内容の言葉を
使うと興味を持ってくれるんですが、

それが行き過ぎてしまうと興味を持ってくれない。

例えば先ほどのように、かっこよく・美しく
なっていく。といった目的では集まるとしても。

「太っていて、醜いのはただの怠惰である。
豚は〇ね。」

っていうスローガンを前面に押し出してしまうと、
仮に内容が素晴らしく、いいものであった。

としても、その一番表に見える目立つ言葉・
スローガンが過激すぎるので、結局興味を持ってくれる
属性の人たちも、その言葉だけで去っていってしまうんです。

その後に続く言葉が全部同じだとしても、最初の言葉が
それと言うだけで去ってしまうんです。

ここで気をつけなければいけないポイント。

目立つ言葉を使うとしても、それを見た人が
興味を持てるラインにとどめておく。

節度のある言葉にして、多数の人たちが
興味を持てる範囲内に言葉を収める。

っていうのが大切なんです。

なので、過激すぎる言葉って多くの人には
受け入れられなくなっちゃうんで
控えた方がいいんです。

ここのバランスっていうのを、考えて使えるように
なるとかなり強いです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER