女遊び

成功率が高い女性獲得活動について。/その2

前回お話ししたのは、私がもしもインターネットが
普及してなく、中年以降になったら
どのようなポイントに力を入れていたか。

というお話でした。

その結論としては、女性に興味を持たせる
ポイントをひたすら特化&強化させていって、

より大きなメリットを女性に与えられるように
していくだろう。

というお話をしました。

女性と話ししていて、この男性はメリットがある。

と思わせない限り、特にオフラインでは
年齢が中年以降になったらほぼほぼうまくいく
ことなんてないわけです。


そしたらそれをスムーズに女性に分かりやすく伝えて、
短時間で理解してもらって
興味を持ってもらって、

この男性と関わろうと思ってもらわないといけない。

提案する内容

プラス

スムーズに話ができるように、自分の中で
訓練をしていくってことをやっていくはずなんです。

もしもインターネットがなかったら。

どのような特化&強化をするのかと言うと。

その環境であれば自分の本業以外の副業的なものとして
何かしらの形を作ったと思うんです。

副業的なものにするのは、
明言できるような明確な立ち位置を作るためにです。

インターネットがなかったらなかったで、
その形を作りあげれば、より反応があるだろう。

と考えるからです。

今みたいに個人が簡単に発信ができるような
時代じゃないならば。

それを代わりに自分が代行をする。

という立ち位置を取れば、それはすごい反応が
あるだろうということは想像がつくので。

インターネットがなかったら情報を発信する
というシンプルな活動自体に
価値が生まれるからです。

そうしたら自分自身を発信していきたいけれども、
その方法がわからないという女性たちが
反応してくれるわけです。

このような女性の情報発信を代行するという形で
活動を作り上げていくのも一つの案だと思うんです。

発信するメディアはネットがなかったら、
その当時の一番の発信先は紙媒体だったので。

紙媒体を利用して女性側の発信できる場所を
作っていく。

(昔に「じゃまーる」という雑誌が今のネットの
募集をする場所の代わりのように存在してました。)

そういった紙媒体をうまく使って、自分の目的に
あった人を集めたり。

自分の目的に合った発信活動していたと思うんです。

そのようなことをおそらく考えたんじゃないかな
と思います。

あくまでも一例です。

こういったことをずっと考えていくのが、
習慣みたいになってるんで。

おそらく他にも色々なことを考えてただろうな。

と思います。

そうやって考えたら、今よりも簡単にやろうと
思ったらできていたかもしれないんです。

ネットがなかった時の方が、より何かしらで
活動をして行こうと思う人が少ないので。

ライバルも少ないので形にするのは、
簡単だっただろうなと思います。

おそらくこれからも色んな、

わる知恵

が私にも、積み重なっていくので
もっともっと面白い発想が出てくる予定なんです。

おそらくですが、今は想像がつかないような
アイディアを形にして。

その活動やっているんじゃないかなと思ってます。

おそらく考えている限りアイデアっていうのは、
ずっと出続けるんだろうなと思ってます。

そのアイディアが一切出なくなった時が
活動の終わりになるときなのかな。。。

と、ぼんやりと考えています。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER