方法論

好きな女性に有効な態度とは何か。/その2

前回は、結局、愛情があるから、この女性に
その愛情を伝えて女性を自分のものに
したいというのは、

自己愛がベースになっていて、

その思いが強ければ強いほど、
利己的な行動を
してしまうものだ。

というお話をしました。

私たち男性は、自分から気に入った女性と、
うまくいきたい場合は自分の都合ばっかり
押し付けても、ほぼ全部失敗する。

では、ここで今回はそれでもどうしても
その女性を手に入れたい場合。

どういったことができるのか。

のお話をしていきます。

結局、愛情というのは自己愛との表裏一体
なわけですから、どうしても愛情全面に押し出すと
利己的な行動が目立つようになる。

女性側もそれは分かりますから、自分のこと
ばっかり考えている男性だな。

というのが、分かられてしまうわけです。

そしたら、私たちがこの愛情を全面に
押し出したような利己的な行動しても意味がない。

ではどういった行動が有効なのかって言うと、

女性のためになることを一生懸命考え、実行する。

とにかく下心は抜きにして

親切にし続ける。

ただただ親切にし、その親切を行動化して与え続ける。

自分は見返りを求めない。

すんげー親切な男性という立ち位置を
取るぐらいしかないです。

それを長期間繰り返していき、女性の心情が変わる
タイミングが訪れるまで、それまで下心は出さない。

自分から積極的に攻めてはいかない。

こういった事が必要になり、これはかなり忍耐力
がいるということもわかると思います。

ので、基本的に私はお勧めしないです。

そこまで忍耐強く待ったからといって、
うまくいく可能性がそんなに高いのか。

っていうと全然高くないからです。

そこまでできて、かなりの時間を使ってしまい、
結果的にその女性が他の男性と結婚してしまった。

って言ったら、自分が親切に使ってきた。

その数年は泡と消えるわけです。

よって、このような形になるよってことを
前提で知っておいて、自分の行動を
どうするかを考えると良いです。

確率低いものに、自分の超貴重な時間を
投下するのかどうか、改めて考える必要があります。

そしてここも男女関係、人間関係で知っておくと
良いポイントが。

すでにお話ししたことなのですが、
最後の締めくくりとして、私たちは
愛情を前提として、それを相手側に
押し付けようとすると。

愛情というのはどうしても自己愛の
延長線上にある傾向が高いので、
押し付けになってしまい、

時には自分の思い通りにしたい、という気持ちが
強くなりすぎ、非常に自分勝手な行動になりやすい。

そんなことよりも、すごく人間関係、女性関係に
有効性を発揮するのは愛情とか言ったものじゃなく。

ただただひたすらその人のために

親切にし続ける

という考え方です。

そして見返りは求めない。
リターンを得ようと考えない。

これができるのであれば、そこの人間関係は
非常に良いものになりがちです。

なぜならば、誰の周りにも、そのような人
っていうのは、ほとんど存在しない。

存在しているとしても
唯一母親ぐらいなものです。

なので、そのような存在が第 3 者とし
て存在していると、その人は大切にされるのが
当たり前だからです。

ということを覚えておくと、何かと便利だと思います。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-方法論

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER