生き方

消耗する楽しさ、エンドレスに続く楽しさ。

ドキドキが強くて楽しいであったり、刺激がある
という楽しいはこれって消耗しがちな
遊びの種類なんです。

例えば1回目の新しい女性遊びって楽しいな。
って1回目は思うんですけど。

2回目になったら、同じ女性なら。。。

もうちょっと違うもの。

その刺激は変わっていく低くなっていく。

なのでこの種類の遊び方をしている限り、
常に新しい女性を求めるしかなくなる。

そこがこの遊び方の一番楽しい部分に
なってしまうから。

それ以外にも例えば、お酒があって。

最初はお酒飲んだら、そのぼーっとした感覚が
楽しくて、これいいなと思うんですけど。

人間はこの感覚にも慣れていき、その楽しさは
消耗していくタイプの楽しさ。

同じ楽しさを求めると、お酒の量が増えていく。

でも消耗する遊びなので、同じ楽しさを求めると
もっとってなる。

それ以外の楽しさを見つけられない場合は、
依存症になっていく。

私たちが自分の楽しみで取り入れたほうが良い
楽しさっていうのは、そういった刺激的な
楽しさよりも。

消耗するタイプよりも、消耗しないものが良い。

友達とつるんで、サイクリングに行って
気候が良くて、天気が良くて、
海辺のサイクリングロードから見る
海はすごく綺麗で。

と言う時間を過ごしたとします。

この時の楽しいっていうのは、

消耗しない楽しさのタイプなんです。

例えばまた別の日に行って。

もうみんなでサイクリングしたりするのも
飽きたし、天気がいいのも飽きた。

気候が良いのも、もうこりごりだ。

と思うことはないんです。

一生、気候が良くて、天気が良い日には
すごい気持ちいいと思えるんです。

綺麗な海を見たら、一生きれいだなって思えるんです。

この海、何回も見たからもう飽きたし。

全然綺麗に見えない。

ってときは、一生来ないんです

これ消耗しない分野です。

例えば気心が知れて、一緒にいて楽しい仲間がいます。

この仲間と楽しい遊びを一緒にやっていて。

ある程度のところ来たら。

もうこいつらと一緒につるんでるのも、
飽きちゃったし違うつるむ仲間を見つけて。

またその仲間にも飽きて、、、

ということを繰り返すっていうことはないんです。

これも消耗しない楽しさのひとつなんです。

というように、自分が楽しんでいくことを
考える時って、

その楽しさが消耗するタイプなのか。

それとも消耗しないタイプなのか。

っていうのを分けて考えて、消耗しないタイプの
遊び方のほうに比重を置くと。

ずっと楽しいんです。

そしてそれは別にエスカレートしなくても、
ずっと楽しいんです。

でもエスカレートしなければいけない楽しさ
っていうのは、どんどん負担やコストが
大きくなってて。

その割にはリターンが低くなっていく。

アルコールなんかは典型的な例で。

これが依存症になると、リスクとコスト
ばかりかかっちゃって、得られる楽しさは
どんどん低くなっていく。

という最悪のパターンの一つなわけです。

こうやって楽しさというものを選んで行く時に
どういった性質の楽しさなのか。

っていうのを知って選んでいくと、長期的で
飽きのこない遊びというのと。

短期的ですぐに飽きが来てしまう遊び。

というのが分類して分かるようになります。

私たちは当然ながら消耗しなく、いつまでも
楽しい遊び方というのを中心に据えていると
一生楽しいっていう状態が作れるんです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-生き方

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER