方法論

あなたの価値を強化していく効率的方法。

私たちが自分自身のレベルを上げていく時に
採用するといいこと。

私たちのレベルを上げる。

(レベルを上げるには様々な意味があります。
自分の魅力を上げるためであったり。
自分ができることを増やす専門性であったり。
様々な意味が含まれています。)

自分自身の考え方であったり、何かしらの学びを
行う時であったり、それ以外にも仕事の技術を
向上させるであったり、
自分のできる事・技術を向上させていきたい。

そういった分野全般に使えることとなりますので、
これはしっかり使えるようにしておくと
良いと思います。

特にここでポイントとなるのは環境の
設定の仕方が大切だということなんです。

この環境の作り方っていうのは、私たちが
今まで当たり前、これがやり方としては正しい。

と強いられていたものとは、逆に位置するものが
正しいってことがわかってきているので、

そういったものを自分の生活の中で
自分を向上させていきたい。

レベルを上げていきたい時には採用すると
良いと思っています。

例えば。

ここにバイオリンのプロを目指す音楽学校に
言っている学生達がいます。

そして、この人達は、グループが 3 つに
分れていて 。

1 つ目はプロを目指せる人たち。

2 つ目は優れているという人たち。

そして、最後はバイオリンを教える人に
なるぐらいの技術は持っている人。

に分かれています。

つまり技術的に差があるグループ3つに
分かれている。

そしたらこの人たちの中での差を生んでいる
ものって何かっていうと。

練習時間自体は同じだとします。

そしたらここで明らかなこの 3 つの分類に
分かれてしまう大きな理由というのは、

「個人練習にどれだけ時間を当てたか。」

で、この 3 つに分かれてしまうということが
分かったんです。

私たちって昔から共同で練習することが大切。

共同でやっていくっていうことを
教えられてきました。

※集団と個人の分野が分かれるのではないか。
と思われるかもしれないのですが。

先ほど上で例として挙げたバイオリンというのも
結局は最後は集団で、ひとつの曲を演奏するもの
なのでこれも言ってみれば集団なんです。

でも差を開けるのは集団の練習ではなく。

どれだけ個人練習をしたか、が差を生む
ポイントになるということなんです

特に日本はその共同での教育が色濃くあって、
今でも学校は 30 人、40 人が 1 単位になって
学習するという形が採用されています。

ところが昨今では、個人単位でやる。
もしくは少ない人数のグループでやるほうが
効率はよくレベルアップしていける。

ってことが、わかってきてるわけです。

ではちょっとイメージしやすいように
例を出します。

学校内である時から将棋が流行しました。

そして学校の中では将棋が強い人が、
みんなからの興味を集めたり、人気がある人に
なります。

みんな将棋に熱中して、その中で
どうにかして強くなろうとします。

それが流行してみんなで
競い合っているとします。

そんな中、だいぶ遅れてからその流行に参加した人が
いて、当然、最初の頃は弱かった。

技術自体は高くなかった。

しかし、それから数ヶ月すると、誰もその人に
勝てなくなってしまった。

では、それって何やったのか。。。

実際にそういったケースがある時に調べると。

そのぶっちぎりで強くなった人は、学校で将棋を
やる時間以外に、ひたすら家で将棋に対しての
研究を一人で集中して続けていたんです。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-方法論

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER