生き方

重めの話・病気と健康と考え方と世話をかける事と。/その3

迷惑をかけられる側の立場に立った場合には。

相手側はあらゆる意味で自分が想定している
以上に理解ができない状態かもしれない。

言われている事も守っていない状態かもしれない。

このような状況だってことを理解して、
付き合うようにしなければいけなくなります。

そうすると今度は、このような状況にある人と
付き合っていく場合には、相手の言ってる言葉
とかを信用してはいけなくなるんです。

なぜならば嘘をつくからです。

例えば病院に行かなければいけない。

行ってるの?

って聞いたら。

行ってる。

って言います。

だったら薬を見せてもらえばいいんです。

そしたら嘘ついてるっていうのが
一発で分かります。

しかし、それでも何かしら変な嘘をつきだします。

よく探っていくと、結局、薬、 2 週間分
もらっているけども、行った日にちが
もう半年も前だとか。

そういうことが分かってきて、結局医者に
指示されてることも何にも守っていなく
放置してるってことが分かります。

とにかく放置するんです。

理由はめんどくさいからです。

さて、何でこのようなお話をしているのか
と言うと何回もお話ししますが、

これってちゃんと理解して、準備をしていないと
私たち人間っていうのは自分を甘やかすと、
こういった状態に必ずなっていく

ってことを理解しておかないといけない。

そのまま理解せずに放置してると、このような
状況になるんです。

自分自身が無自覚な状態・準備をしていない状態
だったら、周りの人に迷惑をかけるような
状態になりがちである。

今度は迷惑をかけられる場合は、迷惑をかける側が
どのような状況かを知らないと。

言っている事を信じて、結果的に
嘘を嘘だと分からずに理解力がどれぐらいあるのかも
わからずに言っていることを信用してしまって。

大変な状況になってしまう。

などのようなネガティブな展開になってしまうんです。

周りに迷惑をかける立場の人側は、

これは明らかに周りの人の迷惑に
なることをやっている。

でも、その本人はこれが周りの迷惑に
なってるということも考えられない
状況になっちゃってるんです。

それまで何も準備をしていない。

※準備⇒考え方などの適正化。

放置しまくったからなんです。

私が今お話ししているのは、こういった状況に
自分がならないために準備をしよう。

ということなんです。

更にもう 1 つ大切なのは
習慣を作っていくことなんです。

人間は習慣を作っていないで、年を取ってから
習慣を作ろうと思っても絶対にやらないんです。

一番典型的な例をお話しします。

年を取って一番のリスクっていうのは
動かなくなることなんです。

動こうと言っても動く人なんて
ほぼいないです。

私の知り合いのお医者さんと話をしていても
これは言います。

運動が大切です。

って言っても、それまで運動する習慣がなくて、
そろそろ本当にまずい状態。

体力も落ちてきて、このまま放置しておくと、
さらに悪化する。

ということが分かっている状態で、切実な状態
だということを伝えても、このような危ない状況だ
ということも話しても、そこから運動習慣を
作れる人って、ほぼいないということなんです。

つまり切実な状態になってしまってからは、
運動習慣はもう作れないんです。

ほぼ無理だって言ってます。

それは私も納得いきます。

ということは、私たち自身の立場で考える
ならば、こういった状況をほっておくと

将来にどうなるのかが分かるので予防として
動くことを習慣にしようと考えられる。

一方今度は迷惑をかけられるかもしれない
側に立った場合は、早めに周りの家族などと
共に運動をするという習慣をつくっていくことが
必要になる。

ここでもちょっとコツがあるんです。

ただ運動しようでは絶対習慣にはならないんです。

ではそこら辺のコツなんかも含めて、
次回お話ししてきます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-生き方

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER