差別化

素敵な男性、と誤解させる方法のネタ明かし。

女性がこの男性は他の男性と全然違って、
何でこんなに快適なコミュニケーションや
時間を提供できるんだろうかと思う時の
からくりについて。

これって、ものすごく簡単な仕組みになっています。

そして、実は誰でもこれ提供できるようになるんです。

じゃあ、なんで多くの男性たちは提供できないのか。

もしも仮に多くの男性たちが提供できるんだったら、

女性がこの男性が提供してくれる時間は
特別なんて思わないんじゃないか。

と思われると思うんですけど。

これ何をしたら、そういう状況になれるのか。

を理解していても意味ないんです。


実際にやらないと提供はできるようには
ならないからなんです。

例えば何で女性がそのように感じるのかって言うと、

女性と話をしていて、その男性が返してくる
言葉であったり、リアクションというのが
普通の男性と違って、すごく精度の高いものである。

このような場面に何回も立ち合うことによって、
この男性、なんでこんな他の人とは違う
リアクション、言葉が返してこれるんだろう

と思って他の人と違うと思うわけです。

これって、その男性が特別な考え方が
できるから、その状況は作られているんじゃ
ないんですね。

というのも、その種明かしはすごく簡単で
多くの女性と時間を過ごしていると

女性から出てくる話って被る部分が
ものすごく多いんです。

特に 1 回 2 回しか会っていない関係のときに
出てくる話っていうのは、ある程度、
決まってくる部分があるんです。

そうすると繰り返し、その場面に立ち会っていると

今の段階の自分にとってのベストな返し

っていうのは、分かるようになってくるんです。

そしてその都度その都度、それは話しながら

ここにはこれを加えた方がいい。

この言葉は削った方がいい。

って考えるようになるので、そして出来上がったのが
現段階で女性に向かって喋っている
言葉になるんです。

でも、これは私たちからしてみたら
繰り返し改善しているものなので、
自分としたら時間をかけて出してる答えなんです。

でも女性からしてみたら女性は初めて
その答えを聞くわけですから、

この人すごい

ってなるわけです。

私達って、それをずーっと繰り返すんです。

生きている限り遊び続けるので、遊ぶ中で
いろんなことを経験します。

そのいろんなことは、最初は初めて経験することが
いっぱいあるんですけど、それをずーっと
続けていくと、普通の男性は経験してこなかったことも、

それ 2 回目、それ 3 回目

とかになってくるんです。

そしたら、それ以前にあったな・・・

って、一旦考える余裕ができるんです。

聞いたことあるな
だけで余裕が生まれるんです。

それで、これはこの返しがいいかもしれない。

と、初めて遭遇する時と比較すると、
考えられる時間が生まれるんです。

初見のことだと返せないようなこと。

でも 2 回 3 回になると、ちょっと違う返しが
可能になるんです。

ということをずーっと続けていくと。

今の自分よりも、10 年後の自分の方が
トータル的にみて、よい返しもできるようになる。

考え方っていうのも、よりブラッシュアップ
されていくことになるんです。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-差別化

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER