恋愛理論

これを望むと、地獄の環境に足を踏み込む事になります。

私たちが気をつける事って、自分の「結果」を
コントロールしようと思うと、それって
全然うまくいかないんです。

「結果」っていうのは何かをやったとしても、

それは他の様々な複合的な影響を
受けて出るものなので、自分でコントロールするのは
不可能なんです。

なので、結果ばっかりを見ていて苦しむ人
っていうのがいるんですけど。

結果ばっかりは、どうにもできないので、
私たちがコントロールできるところに意識を
配った方が現実的です。

そして、私たちがその中でコントロールしやすい
分野の1つが自分での配分です。

私はよくお話しすることで。

なるだけ女性遊びをするのであれば、そこに割く
コストは低く抑える。

ってことをお話しします。

もしも、そこに多くのコストをかけちゃったら
女性遊び以外の遊びにしわ寄せが行く。

自分の中で時間のコストは大体これぐらいしか
割けないな、というのがあるので、
そこで調節を行うんです。

これが配分です。

これだったら自分の中で調節できて、
自分でコントロールできる範囲なので
やるようにするんです。

もしも、めちゃめちゃコストがかかる女性に
あたってしまった場合で、自分がこの女性気に
入ったという場合。

また、これは自分の中での相談になるんです。

この女性は自分にとってみたらコストがかかりすぎる。

このコストというのは時間であったり、
ケアをしなきゃいけない労力であったり、
一緒に過ごす時間量であったり。

などを意味しています。

もちろんお金もそうです。

それで調節をして、これはちょっと自分には
向いていないなと考え、関係を終わらせたり。

ここだったらギリギリ行けるかなと考えて
関係を続けたり、これだと全部自分の
配分・調節でできるんです。

これは「結果」をどうにかしようとしている
のではなく、自分で選択できる
範囲の選択でしかないから。

でも、ここで。

女性側の気持ちが変わっている結果を
どうにかしたい。

態度が冷たくなってきた、その態度をどうにか
前に戻したい。

といった結果をコントロールしたいと思うと
どうにもならなくなります。

さらには、相手側の思考までコントロールしたいと
思うようになると。

女性側にこうしてほしい。
こうあるべきだ。

っていうことを入れちゃうと、ますます
操作不可能な物を望むようになるので
苦しくなってくるんです。

自分が使うコストは自分でコントロールできます。

結果をコントロールしようとすると、
例えばある女性を好きになって、

自分と付き合うという結果を望む場合。

そしてそれをどうにかしようとすると、
2 年とか 3 年とか、その女性を追い続けることになって。

結果、その女性は他の男性と付き合って
結婚してしまった。

その結論に至るまで 8 年がかかったとします。

自分が選択できるものまでを選択する。

といった考え方を採用していれば、
失うことはなかったのが大量の時間になる。

自分で選択・配分できる所でとどめると、

自分のコストはこれ以上は避けないから。

とりあえず、現状できる事の友達関係は続けておく。

時間やタイミングによって、いい流れが来たら
もう 1 回コストを投入しよう。

それまでは友達という少ないコストを
投入しておこう。

こう考える事ができていたら8年間は消費
しませんでしたし、その時間を違った選択・配分に
使うことができて、

大きく選択肢をそれまで間に作れていた可能性が
非常に高いわけです。

ここの差を生んだのが。

自分でコントロール可能な所で手を打ったのか。

結果まで自分でコントロールしようとしたのか。

ここの差です。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-恋愛理論

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER