自分を知る

「コレ」をベースに選択すると女性に嫌われます。

何ぜ多くの男性は選択ミスをしてしまうのか?

女性関係が苦手な男性は、女性に対して
良かれと思ってやっていることの
選択が誤っている確率がすごく高いんです。

では何でそうなるのかって言うと、
そもそも私たち男性に該当してしまう事として

人間関係で適切な判断を下す能力って低いんです。

その上で判断を下すのでハズレやすいんです。

特に私たち男性は、基本的には自分の興味を
中心にして時間を過ごす傾向があります。

だからこそ、男性は何か 1 つのことに集中し続けて
大きな発見ができたりする。

というケースが多々あるわけです。


ただ、その代わり、それって人間に対しての
興味じゃなくて物であったりに
対しての興味なので。

これはもともと人間が生きてきた過程で
興味の対象が男性と女性とで分かれてた結果なんです。

男性は興味は外側に向きやすい傾向が強く。
生活上もそれで生活していて。

女性側は興味が内側に向かう、つまりコミュニティ側
に向かうように生活が繰り返されてたので
それが習慣となったんです。

ので、そもそも興味を持つ対象に大きな違いがある。

だから男性は
あんまり人間に対して興味が向かない
ケースが多いんです。

という性質を色濃く持っている人であれば、
あるほど女性に対しての選択っていうのが
すごく間違いやすくなるんです。

自分の感覚で選んでいるからです。

そして、男性と女性では持っている感覚が
あまりにも違うので、男性が感覚で選んだら、
どうにもならないぐらい女性とは反対のことを
選んでしまうってことなんです。

では、どうしたらいいのかっていうと、

これいつも言ってることになっちゃうんですけど、
知っていくってことなんです。

知る事がなぜいいのか。

その知るベースっていうのは、

基本的には統計のような形で、

これとこれだと傾向はこっちの方が高いから、
これを選択したらいいよ。

というのがわかってるから出てる答えなんです。

男性はこういった選択をしがちである。

理由はこれである。

だから選択はこっちをするのが正解です。

っていうのは、ずっと今まで調べて調査して
出てきた結果、なので正しい確率が高いんです。

一方、個人の判断感覚でやっちゃうと
何でダメかって言ったら、まずは圧倒的に
その経験・データ量が足りないんです。

今まで誰か好きになって実際に行動したことがある
っていうのは、数えるぐらいしかないと思うんです。

実際に踏み込んだ経験っていうのは、
ものすごく少なくなるはずなんです。

なので圧倒的なデータ不足なんです。

経験不足なんです。

その上であてにならない感覚を備えちゃってて、
それをで判断を下していくから、どうやっても
ミスるようになってるわけです。

よって統計的に今までに分かっている事を
知る方が精度が高い。

だから知る事が大切という結論になります。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-自分を知る

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER