性欲・愛情

欲望(性的)の大きさは、自分でコントロールできるのか。

今日は性的要素を入れたお話をしていきます。

本来ならこれは、「性の全書」の方でお話する
タイプの内容かな。

とも思ったんですが、ライトな感じで
/性/欲/ついてお話ししていきます。

キーワードとしてあんまり/性/欲/ってキーワードを
入れ続けちゃうとメールが届かなくなる可能性
が高いので、以後は欲望と言い換えます。

変換して聞いてってください。

私たちが持ってる欲望っていうのは、自分の意思
じゃどうにもできないんです。

欲望が高い人っていうのは、元々が高い状態なんです。

それを低くしようと思っても低くはできない。

逆に欲望がすごく低いんだけれども、それを
高くしたいって言っても高くはならないんです。

生まれた段階で、ある程度決まっちゃってて、

原因として現在主流として言われるのは、

生まれる途中の段階で母親から男性ホルモンを
大量に浴びることによって影響を受けている
のではないかって言われてるわけです。

と、いってこれが分かったところで、私たちには
どうにもできないんです。

なので、欲望が低いっていう人は、そのままい
ずーっとそれが続きます。

突然変異でそれが高くなる

ってことは、ほとんど考えられないんです。

脳に何かしらの損傷を受けたとか、そういったタイプの
話でなければ。

ということは、これ男性で低い

っていう場合はまだしも。

女性で低い場合は、年齢を追うごとに、
さらに低くなっていきます。

そうすると、、、

そういった女性相手に自分の欲求を満たして
もらおうと思っても、これ二人の間の性に関しての
エネルギーが釣り合わないので、
必ずすれ違いがおきます。

よくあるケースとして。

男性側が、

「いや、そんなことはない。
そのうちだんだん良くなっていくから。
大丈夫。」

とかいう、わけわからない男性の理論を押し付けると、
女性は性的時間が苦痛になります。

ここの解決方法はないのか?。

っていうと、、、、

残念ながらないんです。

様々な解決法について、色々な所でお話が
されてることもあるんです。

話し合いをするとか。

スキンシップを増やそうとか。

色々あるんですが、根本的な解決には至らないです。

なぜならば女性側が興味がないんです。

それがその女性の性質です。

備わっている性質です。

その興味ないものを興味あるように持って行くのは
無理なんです。

これが結論になっちゃうんです。

逆で考えれば分かると思うんです。

私達男性側が溢れるような欲望がある時。

例えば10代の中盤ぐらいの時とかに、それを抑えろ
と言われて抑えられたのか。

って考えればわかると思います。

今の自分自身の欲望も、それを完全に抑えろ
って言われて抑えられるのか。

無理なんです。

人間の強い欲望はどうにもできないんです。

人間の自分の意志ではどうにもできないもの。

そこを自分の都合で動かそうと思っても
絶対に動かせないんです。

冒頭でもお話ししたように、人の持っている
欲望の大きさというのは、既に持って生まれた段階で

その人の個性の性質として決まっちゃってる
ことなんで、それを後からどうにかしよう。

男性の都合に合わせてどうにかしよう。

と思ってもそれは無理なんです。

これはタイプによる差だからです。

そしてこのタイプっていうのが分かってくると、
また別のことが分かってきます。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-性欲・愛情

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER