性欲・愛情

欲望(性的)の大きさは、自分でコントロールできるのか。/その2

人によってタイプはさまざまなんです。

男女の関係、性的な場面でも、人によっては
欲望は高いんだけれども、

その欲望を満たす上で男女がイチャイチャする

という、そういった段階はパスしたい。

っていう人もいるわけです。

女性にも多々います。

逆に欲望は低いんだけれども、
イチャイチャすることは
好きなタイプっていうのもいるわけです。

ここが噛み合っていればいいんです。

でも男女が、その点のタイプについて
噛み合わないってこともあるわけです。


そしたら噛み合わないと、そこから徐々に
うまくいかなくなるわけです。

めちゃめちゃ、いちゃいちゃしたいっていう
タイプの男性

そういうの省きたい、という女性。

女性の方はその時間の過ごし方、コミュニケーション
が徐々に嫌になって、他のもうちょっと
自分の欲望スタイルにあった相手を選ぼう
とするわけです。

こうやって男性と女性との性に関わるすれ違い
っていうのは大きくなりやすい。

さらに言えば、女性側で愛情を確認するために
そういった行為がある。

と思ってるタイプの人がいます。

男性側は愛情はあるけれども、男性の欲望の
仕組みとして同じ女性とずーっと
行為をするっていうのは、徐々に
飽きちゃって反応しなくなるタイプも多いです。

そうすることによってパートナー相手にだけ
反応しないという症状とかも出てくるんです。

これ、個人的にはめちゃめちゃ
よく分かるんです。

私が散々、女性遊びをしてる理由も、同じ女性だと
性的な意味で全然興味持てなくなっちゃうからです。

人間としては興味持ってるんですけど、
性としては興味が持てなくなっちゃう。

世の中の多数派の男性はやっぱそうなんです。

同じ女性とずっと関わってると反応しなくなってくる。

欲望が湧かなくなってくる傾向が高いんです。

それが自然な形になってるからです。

そもそもこうやって考えていくと、、、

残念な結論として、生物として男性と女性って、
ずっと長く一緒にうまくやっていけるようには
作られていなく。

特に性に関わる部分は、良い意味での
興奮できる状態は長くはやっていけないんです。

ここに大きな矛盾が生まれていて、お互いに性的な
もので満たされる場合っていうのは、、、

相手を変えないといけないんです。

それで自分の性的な不満っていうものは、
解消されちゃうんです。

だから公では言われてないんですけど、
そこで不満を持ってる人は、自分なりの解決策を
採用して上手く回しているわけです。

でも、それがバレると大変なことになる。

生物としてみれば、それが解決の苦肉の策なんです。

それは冷静に考えてみればわかるんですけど、

女性側で元々欲望の低い女性が
年齢を重ねるごとにどんどん欲望がなくなってきた。

男性側は欲望がある状態。

これでもしも、性的な関係を男性側が求めるとすると、
女性は年を追うごとに苦痛になっていくんです。

できたら女性側は、そういったものは
卒業したいって考える人も多いんです。

元々欲望が低かった人で、子供を産んで子供も巣立って
っていう段階になったら、欲望はもうほぼ 0 に
なっちゃってる女性っているんです。

じゃあ、このような状態になっちゃった時に
どうするの?ってことなんです。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-性欲・愛情

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER