自尊心

自分の自尊心を満たすための女性遊びは・・・。

女性遊びをしている男性の中にも、
それだけにのめり込んでしまう男性がいます。

今は私はネットを中心として、女性を集めているので、
同じように女性獲得活動している男性と
話す機会は極端に減りました。

/ナ/ン/パ/活動をしている時などの初期から中期に、
かけては多くの男性たちとコミュニケーションを
とっていました。

同じように街で/ナ/ン/パ/をしている男性達です。

そこで見られる傾向があって、それはずっと大量に
活動している男性ほど、女性関係上手く
いかない人が多いんです。


新しい女性を短期間で手に入れるって技術は
あるんですけど、その後に長期的に関係を続ける
ってのが苦手な人がめちゃくちゃ多いんです。

大量に女性遊びをしていればいるほど、
その傾向が高くて、私の主観から言えば
幸福には見えない人が多かったです。

その 1 つの理由は、その遊び方を見ていても
あまり私の好みではなかったんです。

どのような形が多かったのかって言うと、
誰しも最初は落ちいるかもしれないんですけど、

女性を物としてみるようになるんです。

そして女性に対して点数をつけるんです。

10 点満点で点数をつけて 7 だ 8 だと言って、
その女性を手に入れた。

と言って自慢をするというのが風潮でした。

特にネットが普及してきて、自分の活動をしている
/ナ/ン/パ/活動を自分で発信する人たちの間では、
その点数というものがマウントの対象となりました。

その男性たちの自慢のポイントになりました。

9というのは芸能人レベルであり、10 というのは
基本的には存在しない。

みたいな考えが主流でした。

この活動にのめり込めばのめりこむほど、、、
不幸に見えるんです。

でもこれって話をして、掘り下げていくと
よく分かるんですけど、実はその女性遊びを
している男性側の自尊心自体が
めちゃくちゃ低いんです。

その自尊心を満たすために、女性遊びで女性を
手に入れることによって、自分の満たされない
気持ちを満たす。

このような形で遊びをやっている人は、
ことごとく不幸に見えたんです。

実際に同性同士として話をしてみると、ここって
すごく簡単にわかってしまうポイントがあって。

初対面の女性に対しての会話コミュニケーション力は、
非常に高いんですけど。

同性同士・人間同士として何でもない会話を
していると全然楽しくないんです。

楽しい感じで話ができない人が多かったんです。

というのも、自分の自尊心を満たすために/ナ/ン/パ/
という活動に傾倒しまくっちゃってるから。

それ以外の活動に興味を持ってないんです。

つまり自分の生活の中で、色々楽しんでいこう。

としてなくて、ただひたすら女性遊びという
ゲームで点数を狙うってことだけに傾倒しちゃってる。

だから人間としての楽しい時間の積み上げ
っていうものがなかったんです。

なので男性同士として会話をしてると、
スッカスカな感じがして、面白くないなあ、、、

と思うことが多かったんです。

そのタイプの男性達と話してると、人間同士として
話すと、女性と話すのはできるけれども、

人対人だとコミュ障になっちゃう人も多かったです。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-自尊心

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER