方法論

正しい選択肢を選ぶ方法とは。

自分の選択したことが、正しいかどうか。

ということを心配する人がいます。

これって現実に合わせて考えてみると、
自分が選択したものが正しいかどうか。

よりも、現実的には自分が選択したものを

自分の力技で、正しかった状態に持っていくこと
の方が多くなるってことが、わかってくると思うんです。

というのも選択した後からは、

選択しなかったことが正しいかどうか。

っていうのは、わからないことが多いんです。

実際には未来というのは
私たちには見えない。

その瞬間に目の前にあるように感じている選択肢、
それが本当に正しい意味での選択肢かどうかは、

未来の事。

後から考えると、他にもいくらでも
選択肢はあった・・・なんて事は、いくらでもありえる事
だからです。

だから、その未来を見るような選択は、
どっちの方が正しかったのか。

というのは分からない。

だから、多くの人たちは結局、今、現在選択した方を

正解だ

と思えるように活動をしていくことになるんです。

それしか出来る事は、ない事になるからです。

何か1つを選択したら、他の選択肢を選んでいたら
どうなっていたのか。

それはもう分からない。

それにもう 1 つ。

選択肢とも言えないような、選択しか
できないような状態に追い込まれないように
持っていくってこと。

何を選択しようとも、ドツボにしか
はまらないような選択肢が3つあったら、

それってもはや選択肢ではなく、
自滅の道になる。

そうならないために、事前に対策を練っておく。

そのような状況にならないようにしておく。

例えば。

肥満。
運動をしない。
1日14時間の座り仕事で日2000歩しか動かない。
食事は、適当な炭水化物が95%の食事。
お酒は日にワイン2本。

その上で、

「さて。
重度の糖尿病・肝硬変・心筋梗塞・メンタル疾患。
さあ、どれを選びますか。」

みたいな選択肢にならないように。って事です。

結局、その都度の選択というのは、自分のこれまで
やってきた事を踏まえて

なんとなく確率がありそうなものの、中から
自分の中で 1 つを選んでいく。

っていう活動をしてくんです。

結局私たちは、今できることしかやることが
できない、という条件は、みんな一緒なんです。

例えばベストだと自信満々で選択をした事でも、
その後、大したコストを割かずに
適当にこなしていれば悪い結果になる確率は増え。

第三者からみると、茨の道を選んでいる事の
ように見えた事でも、ヒットする事もある。

そうすると結論になっていくことは、

今できることを精一杯やって、後付けで、

やっぱり、あの時の選択は正解だったんだろうな。

と思い込めるような現状を作っていくことになる。

と思ったら、良いと考えています。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-方法論

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER