性関係

現在流行の/性/病/に対しての対策。その3

/風/俗/に所属していた女性達がお店にお客が、
来なくなったことによって、生活がしづらく
なってしまった。

そしたら個人で動いた方がやりやすい。

お客側の男性としてもお店に行くと、その女性は不特定多数の
男性と関わっている女性だから、心理的に避けたい。

と思う。

だったら、援・交やパパ活の方がいいんじゃないか。

リスクは少ないんじゃないかと思う。

この考えも自然な流れですが、ここに計算外の
ことが起こったわけです。

その計算外というのは、性の商取引をお仕事としていた
女性達がお店では生活が回せなくなってきて
しまったため、一時的にでも個人営業を始めたこと。

男性もお店は避けるようにして、マッチングアプリなどを
利用しだして、お金を通した関係を持とうとする。

男性側からしてみれば、それは素人である。

と判断してしまってるんですが、ただプロが
個人営業を始めただけなんです。

つまりお店から個人の営業にきただけという形で、
リスクは結局そこまで大きくは変わらないんです。

元々、性の商取引として仕事をしている女性は、
不特定多数の男性と関わっているので、
リスクは非常に高いわけです。

これが今、日本国内で梅毒の患者が増え続けている
原因だと考えられていて。

性行為が主な感染ルートとして考えたならば、
これが納得いく形になるわけです。

感染ルートは一般人からは、中々拡大はして行かないです 。

一般人においては男性側で病気リスクを抱えているのは、
風俗を好んで通っている人が最もリスクが高くなり。

(あとゲイの方。)

女性側は性の商取引をしている女性が、最もリスクは高くなる 。

一般的な生活をしている人は、そんなに不特定多数の異性と
性行為をするという状況にはないので、

そこで感染が爆発的に広がっていくっていうことは
起きづらいんです。

なので、私たちが気をつけなければいけないのは、
性の商取引を生業としている属性の女性になるわけです。

つまり危ないのは、援・交やパパ活してる女性たちが
リスクとしては、かなり高いということが分かってくるんです。

では、私たちはそういった属性の女性を
避けるにはどうしたらいいのかって言うと。

お金に焦点を持ってきて、お金を払うことで
接点を作られるという形は考えられる中で、
かなりリスクが高いものだ。

ということが分かってくると思うんです。

これを前提に考えると、リスクを低くするのは、
女性が興味のある遊びの提案をして。

それに興味を持ってくれた女性、それならば
商取引をしている女性ではない確率が高くなる。

なぜならば営業している女性は、それが目的で
その場所で動いている。

そう考えたら自分の目的と関係のない提案をしている
男性にはハナから興味を持たない。

目的が違うから。

女性の興味を持っているものをポイントとして、
関係を作っていくので、アクティブで遊びを
求めている女性という属性になるので、

最もリスクの高い属性の女性は、この活動してると
カットができるわけです。

このように今のタイミングでは、特に気をつけなければ
いけないのは、そのようにお店から個人で
動き出したプロの方々と接点を作って関係を
持ってしまうというのが、最も考えられる中で、
リスクが高い状態だということを知ってた方がいいです。

そして、梅毒というその病気の性質上、挿入以外でも
オーラルだけでも、もっと言えばキスをするだけでも
感染するリスクがある。

なかなか厄介なものだというのを知っていた方がいいです。

私たちができる最大の予防策は、ビジネスで動いている
プロの女性との接点を避けるということで、

それで最も最適な動き方はお金を直接的に支払う
という形での関係を作らないということになります。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-性関係

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER