魅力

関わり方や、関係の入り口を考えられるのも武器のひとつ。

年齢を重ねて中年、そして初老に向かっていく時。

その時に多くの人から必要とされる人物に
なるためにはどうしたらいいのか。

これって分かってる 1 つの答えがあります。

それは様々なことを知って、教えてくれる
人物になることです。

そういった人物になることが、若い人たちが好む
中年以降の人間になるわけです。


ここで大切になるのは更に色んなことを
教えてくれるし、

「考え方が柔軟な人物である。」

ということが大切なんです。

自分の考えに固執してしまって、新しいものを
受け入れられなくて、物事を決めつけのように
押し付ける中年以降の人間と関わりたいと
思う人はいないんです。

いろんな知識、経験、スキルを持っていて、
それを惜しみなく教えてくれて、自分を楽しい方向に
向かわせてくれる人に、若い人も全人類が興味を持つんです。

そういった人間になるためには、どうしたらいいのか

っていうと、今の段階から柔軟に色んな考えを
取り入れ、そして自分にいろんな知識、経験、スキルを
積み重ねていくということを繰り返していく
以外には、そういった立ち位置に立てるようには
ならないです。

つまり、自分が年齢を重ねた時に、 20 代の女性から
関わってください。

と連絡をもらう立場になるためには、自分が
その女性達にとって提供できるものが
明確に存在している状態じゃないと、
それを再現するのは無理なんです。

自分が年齢を重ねた時に、女性に対して
食事に行きましょう。

なんていう誘いをその段階でやってる
ようだったら、手遅れでゲームオーバーなんです。

なぜならばそんなことを言っている段階で、
自分が多くの人から求められるようなものを
積み重ねて来なかったということが
決定的だからです。

もしも、その間にいろんな知識や経験やスキル
というものを追い求めて、積み重ねていけば、

自分がどういったことをすれば、人から求められる
ようになるのかが、分かってるはずなんです。

そしたらそういったことが分かってる
男性であれば女性は関わってくれようとします。

様々な経験を積み重ねていく中で、何をすれば
若い女性から連絡がくるのか。

ということが、わかってるはずだからです。

わかってないということは、それまでに積み上げて
来なかったってことになるわけです。

つい先日の話になるのですが。

10代の女性が、ある自分よりも年齢が2周りも
上の男性から言い寄られて困っている。

といった話をしていて。

「あの人と関わる意味が何もない。
私からしてみると、なぜ存在しているのかが
分からない。
本当に必要なさすぎる。」

と、かなり言葉は悪いのですが、あらぶっていました。

しつこくされて、嫌悪感が出ている事も
関係してこんな言葉を言っているのでしょうけど。

ただある意味で、しっかりと核をついているんです。

役割ありきで考えると、また違った関わり方の
切り口が見えるんですが。

年齢を重ねても、1つの方向のアプローチしか
知らないと、このような言葉を言われてしまうわけで。

関わり方や、関係の入り口を考えられるのも
年齢を重ねていく武器の一つのはずなんです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-魅力

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER