人格・性格

男性として性質が悪いのはバレます。/その2

前回は人間には一定以上高い精度で、
その人が性質のいい人か、悪い人か。。

利他的か利己的か。

っていうのは分かってしまうもの。
というお話をしました。

今回はなぜそれは見抜かれてしまうのか、
見抜かれる側のお話をしていきます。

で見抜かれる側の人で、性質の悪い人って
実際にその場面になって補正すればいい
と思ってるんですけど。

それは自分の習慣なんで、そんなすぐに
補正はできないというお話も前回したんですが。


これによってどのようなことが起きるのか。

っていうと自分では補正しているつもりで。

でも、実際には補正されないんです。

なので、例えば新しい女性と会ったとしても、
その後が全然続かない。

女性がすぐに帰ろうとする。

あからさまに無口。下を向く頻度おおめ。

であったり。

会話が弾まない。

そもそも会う約束まで取り付けられない。

っていう人がいると、その中には
自分の性格の悪さというのが、めちゃくちゃ
出ちゃってるケースがあるんです。

本人はかなり利己的で性質が悪い。

でもそれを隠して活動をしている、つもり。

日頃の生活上では、全然、その性質が悪い部分を
修正するつもりもないし、それで自分は得してる
と思っている人が。

じゃあ、それを隠して、新しい女性と接点を作ろう。

その時には利己的で、質の悪い言動を隠しているつもり。

でも、必ず文章にしたらり、会話をしていれば、
それ出てくるんです。

なぜならば、それがその人の考えのベースに
あるので、1 つの言動を選ぶときも

利己的なものを通して言動を選んでいるので、
端々に、それが自然に出ちゃうんです。

でも本人からしてみたら、それは日常の事で
自然すぎることなので、

自然として発信されているので
気づけないんです。

でも受け取る側からしてみたら、

この人ってすごい利己的な人だな。

って、すぐわかっちゃうんです。

なので、利己的で性質が悪いのだけれども、
自分のメリットを得るような場面では、
それをごまかせばいいだろう。

と思ってる人って、うまくいかないです。

相当、それがうまくできる特別な人で無い限り
それってできないんです。

特に男性はわかりやすいのです。

私がもしも、
同性の男性と半日でも一緒に過ごした・
遊んだとします。

そしたらその男性が性質がいいのか、悪いのかは
かなりの精度でわかります。

そしてそれが全然外れた

ってことは、ほぼないです。

これは私の得意分野でもあるからですが。

そうすると、もっと人に関しての感度の高いのが
女性たちなので、私が分かるぐらいなんですから、
女性から見たらまるわかりです。

なので、そういった人って、好かれるってことは
ほとんどないんです。

バレバレだからです。

でも本人はバレてないと思ってる。

だから怖いんです。

人間っていうのは私たちが思っている以上に
勘が働くものなんです。

特に女性は。

なので、小手先のものをやったって
あんま意味ないんです。

ばれるから。

自分がやっている事が正解かを知るのは
ある部分を見ればわかります。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-人格・性格

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER