その前に、接点がという問題



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
会話をするのにも。
コミュニケーションを
重ねるにしても。
 
大問題というか、その前の
段階で、つまづきますという
質問をいただきます。
 
そりゃそうですね。
女性と関わる糸口がないと、
どんなに会話の達人であろうと。
コミュニケーションの達人で
あろうと、なんら、
その武器を使えない。
 
で。
それは・・・。
状況による。
 
一番多いケースが、会社関係で
知りあった女性との糸口を
作っていく事。
 
で。それを細かく状況を
お聞きする事なく、ザックリと
お話をするとなると。
 
その女性との接点を見つけましょう。
そこから、糸口を探っていく。
 
という一般的な事に終始して
しまうのです。
 
でも、個別で考えていくと、もっと
詳細に考えていく事ができます。
 
ここですね。
 
“一緒に考えていく。”
 
当たり前ですけど、俺が普通の
男性よりも、経験が多いとしても、
すべてのパターンを
フル網羅しているはずがない。

 
だから、状況を教えてもらって。
一緒に頭をひねってもらう。
そこから、何かしらの言動の
「提案」をしてみる。
 
そうすると、やっと、そこから
経験が生きてくる。
 
というもの、それまでの引き出しが
多いから、聞いた話の中に、
何かしらの糸口を作る
ヒントを見つけられる
確率が高くなるわけです。
 
だから、メールをもらって、一緒に
頭をひねってもらって。
情報を色々と出してもらう。
で。
これは、どうだろうか。
と提案して、やってみてもらう。
可能性を探る。
 
その経過がどういった方向性か
聞かせてもらって、反応が
あるようならば、その方向性で。
 
もし、反応が無ければ、
また別の事を、お話を聞かせて
もらいながら、考えていく。
 
そのヒントになるものは、
聞かせてもらうお話の中に
あったりします。
 
俺の中だけから出すと、一般的な
方向性をお話する事で
終わってしまう。
 
そう。
つまり、一般的な事となると、
必死に糸口を探そう。
だからです。
 
ここが、最大公約数で説明を
していこうと思った時の
壁ですね。
 
で、個別のケースでお話を
しても、
「自分の場合は、こうでしたね。」
の枠を出る事ができない。
 
ぜーんぜん接点がないように
感じていても、話をお互いに
積み上げていく中で、
思わぬヒントが見えてくる事が
多々あるわけです。
 
完璧な答えは出さないとしても。
糸口、ヒントになる
何かは出せるかもしれない。
 
うーん。
やっぱり、一般的に言うならば。
糸口。
っていう感じになります。
 
それか、今までの個別のケースを
お話していくとかになります。
 
 
 
 





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年10月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:好かれるために

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ