インターネットの情報の価値とオフライン

今までは手にできなかった情報をサクッと
手にいれる事ができる時代になってきた半面。

一つ一つの情報の価値は軽くとらえられるように
なっています。

一つ一つの価値を軽く考えると、それを自分に
理解させる時も軽く理解をさせる事になって
しまいます。

例えば、女性関係で男性が肥満になるのはすごく
ネガティブ要素になりますよ。

これはインターネット
で女性関係の情報を集めるならば、どこにでも
出て来るでしょう。

不潔である事は問題外ですよ。
というのも、どこにでも書いてあるでしょう。

そうすると軽く受け止めます。
軽い情報だから、軽く理解をします。

ここで大切な事は、今度はオフラインになります。

今後はそういった事を学んだとしたら
それを実際に自分で体感をしてみる事です。

例えば女性と話をしていて、どういった男性が
苦手、ちょっとパスって思うのってどんな
男性っていう話をしていて。

「太っていて、清潔感が無い人。」

というとします。

インターネットでその情報を上げる時というのは、

文字として、

太っていて、清潔感が無い人

この形にしかならないわけです。

でも、これをオフラインで聞くと、その時の

女性の表情であったり、それまでとちょっと
口調が変わって、

本当に嫌だ~

という雰囲気を出しながら言っている
様子であったり、

その時に丸出しの嫌悪感などを
身体を通して体感をする事で、その意味の
重要度が分かるようになります。

インターネットの情報では
分からない部分の情報を手にいれる事が
できるんですね。

女性が発信している嫌悪感を受け取る事が
できる、リアルでまずいという事を感じれるのが
オフラインのすばらしい所です。

この両面がそろう事で、その情報の重要度が
改めて自分の中に刻み込まれるわけです。

文字化されて情報化されて、それがインターネット
に乗っていると、どの情報も文字としては
同じなので、その情報の重要度については、
表記はされていませんし、表情もありません。

だから結局、実際にオフラインで実際に女性と
対していくというアナログな活動って
ずーと大切なんです。

特に対人という面では、その人ぞれぞれの感情が
関わる事なので、文字という情報だけだと
補完出来ない部分が多々あるんです。

私もなんとか感覚を言葉にしようと、やって
いるのですがやっぱり、上手く言葉にできない事が
多いですし、近しい感覚を言葉にできたと
思っても、今度はそれを受け取る側の感性も
関わりますので、いつまでも正しくは伝えられる
事はないわけです。

大切な事は情報を文字としてインプットして
それで分かった気になっていると、実際には
上手く回らない事があるってことを良く理解
しておき、実際の場面で体感として理解をしていく
事が大切なんだと分かっていると良いです。

あと言葉を文字として出していくにしても、どの言葉を
チョイスしていくのか。

というのは、学びと自分の経験が組み合わさって
最適化されていくものなので、

こういった部分の経験が必要となる部分に
ついては具体的な自分のスキルになります。

例えば、最初の段階である程度、女性の質
って分かりますよ。

というのも、ただの文字情報です。

でも実際にその事を通して女性に会ってみて
一緒の時間を過ごしてみて。

「うわっ、本当になんかちょっと・・・。」

という経験を数回してから、

おお。
言っていた事って、本当だわ・・・。

って納得ができて、今度からは最初の段階で
これはまずいだろうな。

という女性とはコンタクトしないように
できるようになるんです。

学び情報というのは、本当にすばらしいですが。

ただそこで終わると、どの情報も同じような
軽い価値になります。

自分を通して体感をしてみる事で初めて
それは深く自分に浸透していきます。

そこでその情報の価値が最大化されます。






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ