自分を知る

自分が若いなら、ママ活を行ってみる価値はあるかなと思っている理由

時代は変化していきインターネットなど
を通してのマッチングアプリが栄えてくることで
男女の関係に徐々に変化が出てくるように
なっていくと思います

正しくは劇的に変化するわけではなく

元々それぞれが持っていたニッチな欲求
というものが一つの形となり

それが場所を作ったりするわけです

結果ニッチな欲求の分野というのも
できてくるわけです

元々は男性の方は性欲が高く、女性の方は性欲が低いので

基本的にはママ活というものは
なかなか成立しないのですが

現在そういった活動も徐々に広がりつつあり

実際にそれを求めている女性もいるわけです

と言ってもまだ都内ぐらいにしか
この文化は広がっていないかなあという
感覚を持っているのですが

これは私がもしも若かったら
行ってみても面白いなぁと思います

(ただし私が今現在中年で、いろいろと考えることが
できるようになっている、という前提もあると思います)

なぜならば自分の視点を変えることができるからです

そしてこの視点を変えるということが非常に重要で
貴重な経験になると思っています

自分の価値を上げるにはどうしたらいいか?

というのを考えるのに適しているなと思うのです

特に今まで男性目線ばっかりでしか
考えてこなかった男性は一度行ってみる価値は
あるなと思っているのです

なぜならば女性側に自分を選んでもらう
という立場になり

実際にそこにコストが発生するならば

よりシビアに考えなければいけないわけです

自分をなぜこの女性がコストを払って選ぶのか?

ということをシビア考えていき
女性に実際にコストを払ってもらうとなると
かなりいろいろな面をシビアに
考えていかないと全く成立しないわけです

若い女性が男性を獲得するのとは全くシビアさが違うからです

だからここを考えてみて実践をしてみる経験は
無駄ではなく得るものが大きいだろうな

と思っています

男性自身自分を商品だとして
意識したことというのは、ほとんどないと思うのです

私は今、中年になって女性から興味を持たれない

その中でどうやって自分の価値を
生み出すかってことをひたすら考えているので
面白いなと思うのです

女性側がコストを払うという

これまでとは違う形なのですから
男性はそれに見合うだけの価値を作り出さないと
そこで取引は成立しない

といけないわけです

コストが女性側にかからないというのと
コストが女性側にかかるというのでは
女性側のシビアさは全く変わります

そうすると男性側が自分を商品として
考えるようになるので
そこで試行錯誤するだろうなと思います

それに自分が着ているものなんかも
演出のひとつだとして考えられるように
当然のようになります

そうするとその演出をより質の高いものにして
自分を高く売るためには
どういった演出が良いのかということも
考えるようになるので

より自分自身の魅力を向上させるのに
役立つと思うからです

ただ現実問題として、これはグレーゾーンの活動に
なってしまうので注意が必要だなとは思います

春を売り買いする形になってしまったら
アウトになってしまうからですね

もしも私が若かったならばまだ年齢的にも
商品化できるような時ならば自分にコストを払って
もらえるぐらいの形を作れるか

を知ってみたい気もします

まあただ実際に自分が20代の時はもう性欲は
爆発しているので、そういったことは
考えられないかもしれませんし

性欲最優先になってしまって全然コストを
払ってもらっているという感覚すら
持ってないかもしれません

基本的に20代の私はアホなので
全くそういった戦略を練れない可能性もあります

私のようにさらに年齢を上げていく場合には

仮にこの形で女性にコストを払ってでも
手に入れたいと思ってもらえるか?

ということを念頭において戦略を練るのは
活動の質を上げられるものだと思っています





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-自分を知る
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER