Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

その男性が伸びるか伸びないか分かる一場面

例えばワンプレートランチで、

「すみません。ご飯無しで。」

と頼むと、

「それできないんですよー。」

と対応する店員男性と。

居酒屋とかで、

5人で言って、メンチカツを
頼もうとして、でも4個セット。

2セット頼んで8個にする。

が重いので1人2個はいらん。

ってなって、
ワーワー雑談しているのを聞いて

「あ。5個で出しますよー。」

ってサラッと言える店員男性。

※もちろん、お店側での立場とか
システムとかって関係しますが。
あくまでも対応という意味。

ちょっとだけ面倒な事。

でも、そのちょっとの面倒を

「あ、いいっすよー。」

って自分から提案できるって
すごく得をします。

この対応をしていると、必ず
起きる事があります。

これはどこでもそうです。

「うちに来ない。」

などの誘いがこのタイプの
対応ができる人には

“必ず”

あるものなんです。

無いって事が無いです。

そこに人がいて、この対応を
ちょいちょいやっていると
人から必ず気に入られます。

自分でその一つの手間を
さらっと背負える人って

それにかかる手間以上の
何倍もの得をするように
なっているんです。

些細な事なんですけど、

ずーと得をする人。

ずーと損をする人というのは
こういった小さな対応や
考え方で大きな大きな差を
生んでしまうものなんです。

そして損をする側は、損をして
いる事には気づけないのです。

それは損をしているというのは
体感をする事はなく、

得をするという経験を

「しない」

という形でしか、経験しない事だから
なんですね。

だから分からない。

得をする人は、どういった事が
日常的に起きているのかが
損をする人には見えない、
経験する事が無いから
分からないんです。

ちょっと自分が負担を背負うという
考え方は、すごく好きな考え方です。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年4月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:好かれる方法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ