Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【part.4】即、恋愛対象外になってしまう男性とは?。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
で、常に原因は、自分以外の
誰か、外部にあるもの。
誰かが、何かをしている。
物事を、操作をしている
人がいる。
 
と思っている人は、
何か、経験したことが
無いことが起こった時。
 
その答えを知っている
人が、いるって思います。
 
で、回りの人であったり、
近しい人に、その答えを
聞くんです。
 
で、聞かれた人も、自分
なりに考えて答えるん
ですけど。
 
今度は、それが正しい答え
として、受け止めるんです。
だって、正しい答えはある。
と思っているから。
 
それを、外部の人が
知っていると思っているから。

 
で、それで、満足のいく
答えでないと感じたり、
思ったように結果が展開
しないと、
 
「言ってた事、ちがうじゃ
ないか!」
 
ってなぐらいに怒って
しまったりする。
 
それは、あくまでも、
答えてくれた人の
考え方であり、
それ以外にも
考え方は、無数にある。
 
っていう、
あまりにも当然すぎる
事実を考えられず。
「常に、正しい答えがある。」
と信じ切っているから。
 
これは、痛い。
かなり痛い男性。
ってなってしまうわけです。
 
だって、そういった考え方が
あるという事はです。
 
例えば、現行で採用されて
いる、何かしらのシステムが
上手く機能しなくなってきた。
 
じゃー、そのシステムが、
付き合っている女性との
男女関係ならば、関係が
上手くいかなくなってきた。
 
とか、単純に、これが
原因という事が、分からない
ような事に、支障が出てきた。
 
聞いても、女性側も、その
理由なんて、言葉で
簡単に説明できないもの。
 
もし、決定的な原因が
あるとしても、女性が
わざわざ、それを男性に
丁寧に説明してはくれない
ですし。
 
でも、この考え方を採用
している男性なので、
答えは女性側に用意
されていると思うから。
まあ、聞く聞く。
 
 
続きます。
 












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2015年3月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:レベルアップするために

このページの先頭へ