Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ヤレる男性は〇〇〇〇がスルドイ。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
この女性にはどこまで
踏み込んで良いのかの
センサーの差で、
セクハラ。
セクハラにならない。
の男性の差が生まれる。
というのが前回までのお話。
 
セクハラ親父。
と言われる男性に
見られる感じとして
こんな感じがあります。
 
どこまで踏み込めるのか
を感じ取る。
 
という作業をするのが
面倒だと思っている。
 
だから自分のやりたい事を
やりたいようにやる。
そりゃだめだ。
面倒な事。
それが女性とのかかわりを
持つ事なんですから。
 
面倒だと思ったら。
そもそも女性と関わらない
方がお互いのため。

 
それでも考えたく
ないけど、女性には触りたい。
 
ならば、選択肢は1本。
プロのお世話になる。
これだけです。
お金で解決して、他は
何も考えないで良いので。
 
普通の生活で女性と
関わろうと思ったら。
身体手にいれたいなー。
って思ったら。
 
どこまで踏み込めるか
センサーの感度をあげる
しかないです。
 
オラオラが良いと言えば。
オラオラにする。
 
けど。
あれが有効なのは、
女性へのセンサー感度が
高い男性だけです。
 
オラオラを嫌がっている
女性だと感じ取れない
のに、それをやると
嫌われます。
パワハラです。
 
お酒の席で女性に手を出すと
痛い目に合うので
それはやめた方が良いです。
 
と言ったりする人がいます。
それは確かにそういった
面があります。
 
でも。
それが100%ではないです。
 
対女性センサーの感度が
鈍い人が、お酒の力のみに
頼ってどうにかしよう。
 
ならば。
それは危険極まりない。
 
それがより丁寧な表現だよ
ねって思います。
 
センサーを磨かないと
どんなに良い方法をしった
所で。。。
 
続きます。
 












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2016年10月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:内側の感覚

このページの先頭へ