合コンなどのチーム戦で、強力な力を持つテクニック



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 

チーム戦は、個々の力が低くても
女性と対等に、戦える力を
持っています。

 

チーム戦を徹底的に鍛え上げる
事で、自分のよりも質の高い女性
を次々に手に入れている
知人も多々います。

ただ、俺は、初期は、チーム戦
でも良いと思うのですが、
徐々に個別力をつける事に
目を向けるのは、大切だと
考えています。

 

さて、チーム戦の中で、有効な
テクニックなのですが
一言で、表現するならば

 

“さくら”

 

これです。

 

さくら。ってのは、例えば、新規開店する
お店があるならば、開店前に
わざと、人を雇って、その人達に
並んでもらう。

 

並んでもらう事で、他の人の目にも
止まって、そのお店に興味を
持ってもらう事ができる。
もしくは、その列にならんで
もらう事ができる。

 

このさくらです。

 

要は、チーム内での仲間を持ち上げ
まくるという、単純な方法です。

 

これは、チーム戦を理解している
グループは、当然のように取り入れ
ている方法です。

 

チーム戦を意識できていない場合
お互いを落としあったり
からかったりする事を、話題の
メインにしたりしますが

 

目的を「女性を落とす事」とする
ならば、この行為は、要領が良い
とはいえないわけです。

 

さくら。
この方法の方が、何倍も要領が
良いと考えられます。

 

何かを話すにしても、他の人が
表現した事を、人間は信じます。

 

俺は、仕事ができるんだ。

 

と本人が言えば、自慢ないし
嘘っぽいとイメージされますが。

 

回りにいる人間が、本人がいない
もしくは、本人が聞いていない
場面で、仲間が

 

「あいつは、バリバリ仕事してて
社内では、エースなんだよね。
あんな、バカそうな顔してるけどね。」

 

と言えば、その話は真実になります。
実態よりも、盛って話を
しますから、現実よりも
女性から高い評価をもらいやすく
なるわけです。

 

この方法のポイントは

 

人は、本人の話よりも
回りからの話を信用しやすい
そういった性質を持っている。

 

この点となります。

 

逆に言えば、怖いのは、回りから
嫌われると、色々なマイナス要素
の話をされますから、現実
よりも低い評価を、回りから
されてしまう事になってしまいます。

 

そのため、自分の回りにいる人
とは、友好な関係性を築く事が
そのコミュニティで、上手くやって
いくための、最大のコツ
といって良いと思います。

 

あと、仲間というコミュニティ
で、良い関係を築けなければ
合コンにも、呼んでもらえませんし

 

チーム戦で大切な
「さくら」
も使う事ができなくなります。

 

さくらは、あくまでも関係性が良好
だから、喜んで意識的に、盛った
表現で、女性に情報を入れ込んで
くれるものだからです。

 

あと、基本的な事なのですが
キブアンドテイクを分かっていない
男性は、圧倒的に嫌われます。

 

これが、結構、気づけていない男性が
多い事多い事(-ω-` 😉

 

自分の都合オンリーで動いていると
結果的に、一人になります。
これは、避けるようにしましょう。

 

本当に基本的な話でした。

【8月22日までの限定公開!!!】


カウントダウンタイマー

■本命の女性にバレる確率を限りなくゼロに近づけながら、
死ぬほど女性遊びをしまくるために必要な戦略とは。
一生女性遊びを続ける男性の思考と具体的方法論【womanizing】








■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年9月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:テクニック

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ