Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

男女差を知るって大切です

女性側が好む事を知るのは
大切ですというお話は
良くするのですが。

それは女性側がされて
喜ぶ事を理解するためです。

そんな事は分かっている。

つもりでもいざ、実際に実践
になると出来ない。

例えば男性は、気にいった
女性がいた場合は、その人の気を
引くためであったり、良い関係を
作ろうと思った時など。

どういった事を考えるのか。

となると、

“自分を主体にして考えます。”

分かりやすく自分を大きく見せたり
偉くみせたり、盛ります。

これが男性の視点なんです。

これは実際に男性が女性にアピール
している場を見ると良くそれが
反映されている事が分かります。

自分にばかり意識がいって
いるから、どうしても
自分の感覚中心、自分の
欲望中心の展開になります。

だから、男性は自分を良く見せよう
という気持ちが優先するために
自慢話が多くなるわけです。

女性は?

となると、女性はコミュニティ
の中で上手く立ち回る事を
大切にしますので。

自分をすごく見せるというのは
都合が悪いんです。

だから自分に焦点を当てない。

相手側に焦点をあてようとする。
そうすると無駄な衝突が無く

さらに相手側に焦点をあてて
相手を持ち上げる。

そうすれば、衝突が無いどころか
相手側が喜んでよりスムーズに
コミュニティの中で立ち回る
事ができるようになる。

つまり、相手側が何を言われたら
喜ぶんだろうかという点に
焦点がいくのが女性側の感覚。

そういった感覚を持っていない
男性が多数になるので、

男性は女性から言われる言葉を
そのままで受け止める。

そして舞い上がる。

振り回される。

でも女性側の文化は相手を
持ち上げる、気持ちよくする
言葉を使うのがノーマル感覚。

でも。
女性間ではそうやって上手く
回っている。

という事は女性側は自分がやって
いるその対応の仕方をされる
事を好ましいと思う確率が
高いわけです。

自分がこれが良かれと思って
やっている事を自分にもやって
欲しいものなので、

自分がこうやりたい。

という点に焦点持って行く
ばかりじゃなく、

女性側がどういった事を
好むのかって事に
焦点を持っていた方が
活動の要領は上がります。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年5月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:女性の特徴

このページの先頭へ