Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

魅力的に見える話の展開の仕方

自分の強みのポイントって、女性にアピールを
する時にどうしても

俺最高にすごいでしょ。

という雰囲気で話をしてしまう男性がいます。
(オフラインで。)

でもこれってあまり思ったように女性には
効果を発揮しません。

自分が発した言葉をどうやって受けとってもらうか。

これについての考えが無いって事。

と。

女性と直接話をしている時に、言葉は強く大げさな
ぐらいに発信をしたらそれをそのまま女性は
受け取ってくれる。

というように考えている。

自分が発した言葉はそのまま受け取ってくれる。

というように考えている。

だから、そういった言葉として発信している
わけです。

このようなストレートな表現をしてそれが女性に
影響をすると思っている男性は、
これまでにあまり女性とは、上手くいって
いない傾向が高い。

言葉の表現の仕方でより良く伝わる事もあれば
逆効果になる事もあるという事が理解できて
いないって事が分かります。

結果あまりモテなそうに見えます。
事実そうなりますし。

という事ぐらいは簡単に女性側も分かります。

ある程度以上の年齢の女性ならば、
どういった話し方をすると人には入りやすい
ものだとか、信憑性が増すとか。

感覚的に理解をしていますから。

まずこの系統の話し方をする男性は、

“ちょっとバカっぽい人だな。”

と思ってしまいます。

という女性側の判断の仕方であったり、
考え方などがある一方。

男性側から見た視点として。

自分の強みは
すごいもので他の誰にもまねできない。

例えば仕事が上手くいっていて、それで
有頂天になってそれを女性に自慢をして
いるとします。

そうしたら、男性側の状態としては
このように考える事ができます。

それが初めての成功。

一発屋的な感じの状態。

それが初めての自慢ができる事。

そういった状態であろう事が分かってきます。

なぜならば、上手くいくためにはそれまでに
アホほど失敗をしています。

そして上手くいって。

でもそれは半永久的に続く事はなくて、どこかで
また挫折するもの。

という事はそのサイクルを経験した事が無いから
今のこの一瞬が今後半永久的に続くと
判断をしてしまう。

もしくは繰り返しの経験をしていても、現状として
その状態ならば、“アレな人”と判断をします。

そういった失敗・成功を繰り返している人の
考え方は別になっていきます。

これもサイクルの1つで山場があれば、また
落ちていったり、平たんになったりする
場面が来るもの。

っていう判断をするので、

「俺すげーーーーーだろっ。」

というようには表現ができなくて、だってそれは
半永久的に続くようなものじゃないってわかるから。

そうすると、あまり手放しでどうだどうだ。
というような表現は使えなくなる。

経験を積んでいく事で、超強気でいられる。

全能感というものは感じずらくなっていく。

結果、そういった男性が自分の強みの話をする
場合では、どうしてもどこかで現実的な視点が
入ってしまう形での話し方になる。

それが第三者が聞いていると、

冷静で有頂天になっていなくて、謙虚な
態度の男性に見える。

有頂天になっている男性よりも、大人で知的に
見えてしまい男性としての実力も高いように
見えてしまう結果になる。

女性から見ると、より魅力的に見えてしまう
結果になるわけです。

どちらにしても、有頂天風にノリノリな姿って
超短期的な場面にしか有効性はないです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年6月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:会話・言葉

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ