会話・言葉

今よりワンランク話しやすい男性になるために。/その2

話し掛けられた時に、返す言葉が
一言だと、ただ用件に答える。

といった形になって。
コミュニケーションとして
続けづらくなる。

そこで、やってみると良い
会話法がありまして。

情報を上乗せして返してあげる。

「昨日の飲み会どうだった。」

「楽しそうに話をしてたから
言っても良いと思うんだけど。

Aさん。
彼氏が出来たらしくて、その話が
結構盛り上がった♪。」

そこから、相手側がどこに話を
繋げるかです。

そのAさんの彼氏に繋げるか。
それとも別の所につなげるか。

「何時ぐらいまで飲んでたの?。」

と。
終わりの時間についてつなげ
られたならば。

「彼氏の話がでたから、
皆それぞれの彼氏・彼女の話が
出て、その話に熱中してたら。

終電ギリギリ。

あぶなかった。。。」

もしこれも用件として返す
ならば、

「終電の1本前だった。」

で終わってしまうわけです。

これって、違う場面で考えて
みるとイメージしやすいんです。

自分が自分の彼女に朝に
話しかけた時に。

「おはよう。
昨日帰り遅かったの?。」

と聞いて。

「普通。」

とだけ返されたら。

「あれ!?
なんか怒ってない?。」

と思いませんか?。

「おはよう。
昨日帰り遅かったの?。」

って聞いているのは、昨日は
どういった感じだったのか。

そして、それに対しての
返しの話を期待して言葉を
投げかけているわけですから。

情報を上乗せして返してあげる。

というのは良い気遣いですし、

相手もまた次の時に話が
しやすくなります。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER