Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
女性遊びに適した男性と、適した女性。/その2 | 恋愛・女性心理研究所
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性遊びに適した男性と、適した女性。/その2

性衝動に弱い女性と、強い女性
がいるんですから、性衝動に
強い女性を一生懸命に
口説いてもあまり響かない。

目的に合わせて活動をするって
事が大切なんです。

FacebookなどのSNSなんか
で必死こいて女性と
やろうとしても要領は悪いです。

これってすごく基本的な事
なんですが、多くのケースで
それをやってしまう。

もちろん、女性とのコミュニケーション
の中で言葉を紡いでいき

徐々に女性がこちらに
なびいてくる感じを楽しむ
のであればよいのですが。

飲み友達づくり。

彼女候補づくり。

セクシャルオンリー。

人妻オンリー。

など狙いがあるならば、
最初っから活動の
コンセプトも、活動場所も
アプローチも表現内容も
全部変えればよいわけです。

どの場所でもどこでも
同じような立ち振る舞いを選択
する必要がないんです。

よくヤンキー文化って
バカにされますけど。

私はそうは思わなくて、
もし遊びたいのであれば、
女性の中には少なからず
この要素が入っている方が
遊びやすいです。

都内にいるとその傾向は
分からなくなりますが、
地方にいけば丸わかりです。

都内から離れれば離れるほど
その傾向は顕著に出ます。

この要素が少なからず
入っている女性の方に
より性衝動に弱い女性達が
多くなりますから、

遊び前提で考えればそちらに
寄っていった方が要領が
良いわけです。

で。
彼女にするのは別にすれば
良いわけです。

彼女にするのであれば、
ヤンキー文化にいない女性を
選択すればよいわけです。

全部ひとりの女性で賄おう
とするから、活動に無理が
出てしまうんです。

その都度、対応する女性のタイプ
が変わるのであれば、男性側の
対応の仕方だって、変えた
方が良いわけです。

もし超仕上がっている女性
がいるならば、
丁寧にコミュニケーション
を重ねる必要はないし、

タイプによっては手をつないで
そのまま車に連れ込んでも
良いわけですが、それを判別
する事なく強引である事が

男性の魅力みたいに勘違いすると
拉致になってしまいます。

基本的に遊び前提で考える
ならば、緩い女性の方が
良いわけです。

極端な例として。

駿台予備校の早慶上智クラスで
同じクラスの子に声かけて
エ〇い事を考えるならば。

※以下職業蔑視ではなく
あくまでも例として。

フリーターで居酒屋でバイト
している子を狙うために
居酒屋でバイトした方が
要領が良いみたいな感じ。

明らかに人にはタイプがありますから。

性衝動に強い人に、一生懸命に
どうにかしようとして
アプローチしても苦戦する。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年3月17日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:判断方法

このページの先頭へ