依存と、言葉と



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
昔から、女性は、赤の他人に
あたかも、自分の事を、見透かされて
いるような事を言われるのを
好む傾向があります。
 
で、良い事を言われたい。
良くない事を、言われたら
良い事を言ってくれる人、
良い事を言っている文章。
 
それを見つけるまで、その作業を
続けたりする。
そして、一杯一杯、良い事で
自分を満たしても。
しばらくすると、また、その欲望が
湧いてきてしまって
良い言葉を求め続けるわけです。
 
その活動に終わりは無くて、
個人差はあるにせよ、女性の
この活動は続いていきます。
 
理由は、シンプルで。
人間という生物である。
そして、その人間としての
存在価値をいつまでも、自覚したい。
いつまでも。
物心ついた頃から、老人に
なるまで、いつまでも。

 
女性は、男性よりも、自分に対する
意識が強いです。
 
だから、思春期の女性は、とっても
ナイーブですし、時には
自分の心に殺されそうになったり
してしまいます。
 
自分の存在が大きくなりすぎて
それが手に負えなくなる感じ。
 
んで、男性はと言えば。
女性が、そんな事で、苦しんでいる
時に。
 
どっちが、小便を遠くまで
飛ばせるかで、笑っていたり。
 
射精飛距離大会とかを、バカな
顔して、皆で、爆笑しながら
やっていたりする。
 
パンチラで、大騒ぎしたり。
制服の隙間からみえた、ブラジャーで
大盛り上がり。
 
下着の色は、何が良いかで
真剣に意見を言い合ってみたり。
 
俺は、今も昔も黒の下着が好きで。
Yシャツから透ける黒の下着を
見ると、興奮せずにはいられない。
 
昔から、黒という色に、
憑りつかれているような所があり
自身、黒のファッションばかりだし。
何よりも、黒ギャルが絶滅の
危機のあるのだが、やっぱり
どうやっても、興奮する。
 
とまあ、俺の性癖については
さておき。
 
とまあ、男性と女性とでは、
もはや、同じ生物だとは思えない。
 
ちなみに、さきほどの男性郡の
日常は、全部、俺の周辺で
起きていた日常生活。
男性であれば、差はあるものの
大体が、納得していただけるような
日常風景。
 
 
そんなわけで、女性は小さい頃から
自分に強い興味を持ち、その頃から
自分の価値について、特別だと
思いたい。
そこに強い気持ちを持ちづけている。
 
もっとダイエットしよういうのも。
もっと、ブランドものを
欲しいと思うのも。
もっと、靴が欲しいと思うのも。
もっと、化粧品が欲しいのも。
 
全部、
「自分は特別な存在なのだ。」
という気持ちを強めたいから
出ている行動なわけです。
 
それが分かると。
男性側としては、女性の心は、
全然理解できなくても。
 
何をして欲しいかの目途を付ける
事は、そんなに難しくなくなるわけです。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ