自分で考える【最終判断】。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
個人でも情報の発信が
出来るようになったので、
良い意味でも、
悪い意味でも、情報が簡単に
手に入るようになりました。
 
今まで、テレビとか、新聞とか。
雑誌。そういったもので
しか、配信する事ができなかった
ものが、個人でも発信できる。
 
その分、雑多な感じになって、
どれが良い情報で、どれが
悪い情報かなんて、分からん。
 
インターネットで、個人で
発信するのは、もう、大半の
事は、何を言っても自由。
 
だから、当然、嘘も多くなるし、
ノイズ的な情報も多くなる。
 
だから、これを全部、
受け入れては、
いけないわけです。

 
大切な事は、
まず、インターネットの中の
情報は、多くは、役に立たないし、
情報のカオス状態で、
その中の、本当に少数の
中に、得る事ができる
何かしらの事実が含まれて
いるかな。
ぐらいに、思った方が良いわけです。
 
そこで、ちょっと難しい
と思うのが、何か自分で
得たいと思った情報を
探す場合。
 
自分が、この部分が弱い
と思っているから。
情報を探すわけですが。
でも、弱いと思っている
弱点部分だからこそ、
そこにある情報を、うまく
選ぶ事ができない。
そんな矛盾を含むわけです。
 
勉強ができないから、
これから、がんばって
勉強をしようと決めたが。
 
さて、自分に向いたテキスト
は、どれか?
って考えた時に、いかんせん
現段階では、勉強が
できないもんで、
 
どのテキストを選べば
良いかが、検討をつけられない。
 
そんな状態みたいな
ものなわけです。
 
で、選んでしまったもので、
どうもうまくいかない。
 
それで、「お前の情報は、まるで
役に立たない。」
と批判をしてもしょうがない。
それを選ぶ力が無かったから。
これを理解しておかないと、
役に立つ情報を提供していない
奴が悪い。
 
みたいなスタンスになって
しまうわけです。
 
自分が欲しい・手に入れたい
と思っているような情報が
あるならば。
 
インターネットにあふれている
情報のほとんどは、残念
ながら、あまり役に
たたないもの。
 
その中から、自分で選択
していくという、意識が
すごく大切で。
 
そういった目線で、選んでいくと、
時間は、かかるかもしれない
けれど、選んでいく力と、
それに応じて、自分が望んでいた
情報も手に入るようになって
くるわけです。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2015年2月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:その他の話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ