Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性が快感を得るコミュニケーションの世界



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
女性同士のコミュニケーション
を見ていてください。
 
一緒の時間を過ごす事。
 
その間には絶えず
何かしらの情報を
お互いに出し合ったりする。
 
つまりはそれが会話に
なっているんです。
 
だから男性からしてみると
エンドレスに話を
しているように見えて。
 
なんて事をしているんだ。
この人達は・・・。
 
ってビビります。
 
知人の女性達が昼から
集まって話をしていて。
 
自分は予定があるから
ちょっとそこから
離れて。
 
夕方に帰ってきたら。
同じ体勢でまだ話を
しているなんて
良くある事ですもん。
 
男性からしてみたら
怪物に見えますよ。
こんなのただの苦痛でしか
ないですからね。
お酒でも入っていれば
感覚がマヒするので
なんとかなりますが。
コーヒー飲んでそれは
できません。

 
女性側は
完全にそれが「快感」だから
やっているんです。
 
お互いに輪を作って、
そこにお互いに情報を
持ちよって、それを
流動させている。
この感じが快感。
 
これ俺達男性には、身体を
通した感覚としては、
一生理解できないんじゃ
無いかって思っています。
 
客観的に見ていて、
快感なんだろうなって
思う事はできたとしても。
 
俺、仲間とかと旅に
いきますけど。
 
ビッタリ一緒では
全然ありませんもん。
 
各々興味がある事があれば
バラバラになったりします。
 
男性はそうでもしてないと
息が苦しくなりますから。
 
で。
じゃーそれでOKかと
なるとそうでもないので。
 
とりあえず、その中間
ぐらいで落ち着けるように
持っていけると
いいよねって考えています。
 
って事で。
女性側はお互いに得た情報を
お互いの間を流動させようよ。
 
それが快感って思っている
わけですから。
 
男性側としては、自分の
好みの情報提供の度合。

女性の望んでいる情報提供
の度合は調節した方が
いいよね。って思います。
 
自分が友達と遊びにいった
際には、
 
彼女とかに。
 
「今日、どうだった?。」
「別にいつもどおり。」
 
っていうのはキレられる
ので、誰かしらと
コミュニケーションが
あった時には、
 
その時の話を
ストーリー的に話が
できるぐらいの
情報提供量を調節する
ぐらいの労力。
 
それぐらいは、
使った方が良いかなって
思っています。
 












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2016年9月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ