女性を楽しませる準備。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
もし自分のコミュニケーション
を上達させたい場合。
相手を変える。
コミュニケーションを
取った事がない人にしてみる。
コミュニケーションを重ねた
相手だとバイアスが関わる
ってしまう。
相手を変えよう。
バイアスのかかっていない
相手にしてみよう。
というのが前回までのお話。
 
するとバイアスがかかって
いないと反応が違う事が
良くあります。
 
そうやって今まで
関わった事が無い女性と
コミュニケーションを取る
ようにする。
 
そうすると、これまでに
ネガティブな印象を持たれた
女性とコミュニケーション
を取るよりも反応が良くなる
可能性がある。
 
それに相手の女性が変わる事
で反応も大きく違う。
これも併せて経験する事
ができると思っています。
これも大切な経験。
 
「なんだ。同じ事をやっても
相手によって受け取り方って
大きく変わるものなんだ。」
 
って実体験で思う事が
できるのは大きな収穫に
なると思うんです。
 
だからね。
学んだら。
複数の女性達とコミュニケーション
を取ってみる事にする。

 
さて。
ここでアンビバレンスな
部分が顔を出すんです。
 
良好なコミュニケーション
が取れるようになりたい。
 
ちょっと他の男性とは
違う男性って思われたい。
 
楽しい人♪
って言われたい。
がしかし。
多くの女性と関わるのは、
ちょっと苦手なんだよね。
 
というものが顔を出す。
これ。
多かれ少なかれ、大抵の男性
は持っている感覚だと
思うんですね。
 
特に女性を得意として
来なかった男性は、皆
持っているアンビバレンスな
感情だと思うんです。
 
残念ながら。
学びの後の実践は、
なんやかんやいっても。
量稽古するしかありません。
人間の間には、座学では
学び切れない、
空気感。
が存在しています。
 
Aさん。
Bさん。
Cさん。
Dさん。
・・・・・・・・・。
複数の女性とコミュニケーション
をとってみて、ある雰囲気で
言葉を放つ時だけ、
場の雰囲気がフワッと
楽しいものになるな~。
 
っていう感覚はたとえそれを
座学で学んでいたとしても。
 
実際の場面で実際に自分の
身体を通してみないと
分からないです。
 
通してみて。
「ああ。これね。」
って実感できて、その時に
始めて実になる。
だから、残念ながら。
女性とそんなに多く関わりを
持ちたくないです。
コミュニケーションを
取りたくない・・・。
 
ってなったら。
そこでジ・エンド。
これは揺るぎない。
それ以上現状が変わる事は
どんなに色々と理由が
あろうともジ・エンド。
それ以外に道はありません。
では。
今後、対女性に対しての
コミュニケーション能力が
高くなる可能性があるのかの
チェックテストをしますね。
 
それは次回に。
 

【8月22日までの限定公開!!!】


カウントダウンタイマー

■本命の女性にバレる確率を限りなくゼロに近づけながら、
死ぬほど女性遊びをしまくるために必要な戦略とは。
一生女性遊びを続ける男性の思考と具体的方法論【womanizing】








■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2016年10月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛方程式

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ