Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性の興味をつかみ取る。

まだ出会っていない女性達。

その女性達を求めている俺達男性。

でも上手く女性との接点を
作れない男性達。

では、どうやったら俺達の希望は
形になるんだろうか。

これ。
何となく分かった事があるんですが。

あくまでもなんとなくですよ。

まだ関わった事がない、女性と
会いたいって思う気持ちは
男性には一生ある感情
だと思うんですね。

多くの男性は、この出てくる
感情をそれで終わりにするんですね。

今、飲み会をしていて。
自分のタイプの子が来たよ。

仲良くなりたいっ。

っていう感情が芽生えます。

でも、その感情が芽生えて
終わりにするんです。

ここで差を生むものは、

『その感情をどうやって、
形にしていくか。』

これです。
これをどうやって習慣に
するかってところが、ものすごく
大きな差を生むポイントだと
思うんですね。

女性の気を引きたい。
という感情が出たら。

女性の気を引くために必要な
形を作らないとダメなんです。

目の前にいる女性が気になる。

といった感情があったならば、
自らできる事を形にするという

能動的な行動

これが絶対に必要なんです。

『感情は形にしないとダメ。』

女性の目に止まりたいならば。
目に止まるようにする形を
作っていく動きをとらないと
ダメなんです。

あえて、バカっぽい例を挙げますが。

とりあえず、女性の目線をこちらに
もってきてもらいたいならば。

持ちネタの手軽なゲームをいくつも
持つようにするとか。

ちょっとした目をひくための
小ネタ系の手品が出来るように
なってみるとか。

小道具でもいいです。

「プッ」

と女性がちょっと笑ってしまうような
小道具を用意するでもいい。

女性の目を引きたい。

と思ったら、その感情をどうにかして
形にできないか。

という習慣。

なんでもいいんです。
無いよりもあった方が良いから。

形にしようとしないと。

「んな事、意味ねーよ。」

で終わるんです。

で出て来た感情はそのまま
流れていくんです。

出て来た感情を形にする。

ありがとうと思ったら、それを形
として表現するにはどうしたら
良いのだろうか。

女性に楽しんでもらいたい。

と思ったら、どうやって表現を
したら良いのだろうか。

具体的に何をしたら喜ぶのかを
考えて、考えたものを実際に
提供をしてみて、その反応を見て
みる事をしないといけないのです。

出て来た感情をそのままにしていたら
その感情は消えます。
消えたら、結局そこには何も残りません。

消えない内に、形にする。

ありがとうを形にする。

楽しませたいならば、それを形にする。

例えばそれはプレゼント。
という目に見える形だったりもする。

どうやって形にするのか。

形にできるようになれば、女性の目には
すぐに止まると思うのです。

感情を形にしていく。
難しいですけど、出来ると他の男性には
できない習慣になると思いますし。

楽しそうな男性として感じてもらえる
確率を高めると思うんです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2016年12月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:レベルアップ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ