Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

男性複数と女性とのプレイ

突然のシモネタのお話になるのですが。

ここしばらくの間に、このお話を
数回する機会があったので。

男性も女性も新しく集めて、そういった
遊び(アダル〇な遊び)をやるとすると。

実は大変なんです。

男性が複数だから楽になる。

気心が知れて、良く動いてくれる
場合はかなり楽になります。

と思いきやです。

新しく関係を築いていく場合。

男性複数 対 女性側。

のようになるのが理想だと思うのですが。

実際にはならないんですね。

男性側のコミュニケーション力が豊かで
最初から高いレベルでの意志の疎通が
取れるタイプの男性って、
かなりのレアキャラなんです。

例えば、昔になるのですが。

ナンパなどに新しい人を招きいれたり
して一緒にやったりしたのですが。

主導権が俺側にある場合、

女性のコントロール。

+

男性側のお世話。

この両方をやりくりする力が
必要になるんです。

ので、単純に労力が2倍になるんです。

うーん。
それ以上かも。

ましてや最初からセクシャルメインの
活動の場合は、さらに大変だったり
するんですね。

自分は複数他の男性がいても大丈夫。

って本人は、イメージの中で思っていても。

実際にその場面になったら、全然動きが
取れなくなってしまったり。

コミュニケーションもまったく不全に
なってしまったり。

もっと言えば。

立たなくなる人も多いものなんです。

男性は女性以上にデリケートな部分が
あるなって思いながら
接したりしています。

なので。

もし男性新しい人を複数。

という条件での遊びをする場合。

事前のコミュニケーションが成立して
いる男性に声をかける方がだいぶ楽
なのですが。

当然アングラな遊び方になるので。

その遊びに興味を持つ男性。

対応できる男性もかなり少なかったり
するので、メンバーを集めるのは
オフラインでは難しかったりもします。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2017年10月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:経験則から

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ