結婚

恋愛と結婚と確率からの話を言えば。

男性は女性よりも、年齢を重ねても
恋愛市場に長い期間いる事ができます。

が。
徐々にその効率は落ちていきます。

で。

遊びという面で考えれば、かなり長い
期間遊ぶ事ができるので、都度都度
やるべき事を試行錯誤する事で
どうにかできます。

しかし、これが事、

パートナー選びとなると・・・

そうは言えなくなるんですね。

というのも、パートナー化したとして
代表的な上手くいかないポイントって

確率の面からだけで考えると、

『年齢差。』

これってすごく分かりやすく上手くいかない
要素になっています。

男性が好む女性の年齢層は、

~3歳ぐらい年下が範疇になる事が多い。

男性側9歳年上になると、

男性側が~3歳年上

と比べると、破綻する確率が

サクッと

約2倍。

2倍という数字は、ちょっとレベル的に
厳しすぎる数字。

男性側が~3歳年上

このバランスを中心として考えると。

今度は逆に女性側が、2歳年上。

すると、破綻する確率が約1.5倍。

パートナーとして考えていくと、
年齢差というのは思っているよりも
影響を与えるわけです。

たかが数歳なんですが。
一緒にいる時間が長い場合には、その数歳
の差である、多少の文化的な違いというものも
重くのしかかってくる。

例えば。

小学校6年生。

高校1年生。

これってその当時に考えると、
どう考えて埋められない
年齢の差ですし、

まるで生活スタイルが別世界と
行っても良いぐらいに違います。

ただ、

年齢差で考えれば、

たった4歳。

そう考えると、価値観の差は
ほとんどないとは言えないかなと思います。

例えば。

1日限りの関係ならば例えば、年齢が
1回り2回り違っても対応していく事は
できますし、話を合わせる事も出来ます。

かといって、じゃーそんな年齢の差、
価値観・文化の差みたいなものは
あまり関係ないか。

となると、思いっきりあると感じます。

短時間ならばどうにかできますが。

それが生活になるとキビシイです。
ずーと合わせる事は出来ないからです。

生活という日々の中で大切になってくる
というのは、

自分と近しい感覚を持っている人。

と一緒にいる事がより過ごしやすいです。

(条件により、違ってくるケースも
あるんですが、それはこの場面では
スルーします。)

そうすると、年齢差が大きくなれば
なるほど日常の生活の中では、

そのちょっとした年齢の差という
ものが、段々と大きな二人の間の

亀裂

になってしまう、強めのネガティブ要素
になるって事が分かります。

このような事を考慮に入れると、

自分の生活・パートナー

という意味では、早めから女性関係に
ついては活動をスタートしていき、

アベレージな段階で、次の段階に進んでいる
という方向だと上手くいきやすい。

つまり。
1例として。

大学を卒業して、働いて5年ぐらいが経過する。
そこで飲み会で知り合った3歳年下の
OLと付き合うようになり。

2年の交際を経たのち。
結婚。

というアベレージ的な活動というのは
多くの人間にそれが結構うまく
当てはまりやすい。

という事なんだと思うんです。

という数字的な問題から。

実際に年が全然違う、友人・知人の
夫婦を見ると。

納得はしやすいです。

実際に一回り以上年齢が
違うと、周りから見ていても
一緒にいても、感覚がまるで合わない
という事は多いだろうなと思います。

が。
それでも上手くやっている
場合は、

また違った所に目的意識を持って
いる事が多く、

役割

という意識を持っていると
そこは上手く回りそうだな。

って思います。

個人的には、自分にある特殊な性癖
みたいなものは、遊びの中で
出していけば良いかなと思います。

例えば、50代になっても20代の子に
超反応するのであれば、それは
遊びという範疇で追い求めると
良いなって思います。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-結婚
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER