セックステクニック

セクシャル系のハウトゥーの良いところ。

たまにあることなのですが、女性と会っている時に、

普通の男性人よりも、セクシャル関係に関して
詳しい人という立ち位置をとることが多く、
(事実普通の男性よりはそれはもちろん詳しいです。)

そうすると女性側からオーラルについての
質問をもらう事があるわけです。

本質的に言ってしまえば彼氏なり、相手なりと
話ししながら、要点を模索していくのが
結論の形。

要領で考えていくと最初に基本的な形は
バーッと一通り覚えていく。

次に余裕があれば発展形覚えていく。

そしてテストする相手がいれば、その相手に向かって
全部一通り自分でできるようになるまで
練習させてもらう。

ここからコミュニケーションを重ねながら、
さらにひとつひとつの技術を磨いていく。

相手に聞きながらどれが好きか、
ということを聞いたり具体的な部位で、
どこをどうやられたらいいか、
ということを聞いていく。

というやり方を女性側に教えたりしています。

これは男性も同じです。

基本的な形を一通りを抑える。

(セクシャルテクニックについての基礎はある程度
範疇が決まっているから。

会話のテンプレートとは種類が違います。)

とくに初回なんて、できることは
ほとんど決まっているので、
それを覚える事自体は非常に簡単。

これを覚えたら、後はひとつひとつの精度を上げていく。

女性とコミュニケーションをとりながら
具体的な部位と、どういった動き、どういった角度、

こういったことを聞きながら楽しみながらやっていく。

人によって感じ方は違うし、ポイントも違う、
同じポイントを同じペースでされると、

どんどん感度が上がるタイプというのが一般的だとしても、
女性によっては違う場合もある。

これはコミュニケーションをとりながら
聴きながらやらないとわからない。

自分で勝手に絶対にいいと思っても、
それがその女性に正解かというのは
実際問題わからない。

じゃあ聞けば女性が100%正解を言うのか、
これはそれも分からない。

恥ずかしくて言えない人もいるかもしれないし、
その時の体調によっても変わるかもしれない。

だから私たち側も、そんなに深刻には考えない。

深刻に考えてもプラスになることは何もない。

結局これも遊びの一種だから。

ほとんどそうなんですが対女性関係に関することは、
遊びで楽しんでやろうと思った方がうまくいきます。

深刻にならなければならない部分というのは
ほとんどないからです。

失敗しようが何しようが、
それは次につながるひとつの経験にしか過ぎない。

基礎となる技術を自分に入れてしまい。

基礎全体を自分で、一通りできるように練習していき。

その後は女性側とコミュニケーションを
とりながら精度をより高めていく。

精度を高めていくと言っても女性一人一人に
よって変わるので一人一人に対応してやっていく。

そうすれば結果的に多くの女性に
最適化した形を、提供していける事につながります。

結局、最適化させていくという作業をなくして
女性に強烈にマッチングさせる事はできないんです。

自己完結するものじゃないから。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-セックステクニック
-,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER