見抜く

パートナーとして適さない女性のケース

私たちの判断の精度をあげようって思うと
いろんな考え方や知識というのを
自分の中に備えていた方が
合理的な判断はしやすくなります

ケースデータもより多く持っていた方が
複合的に考えて最適な答えを
出しやすくなるんです

こういったことが、いっぱい蓄積できると
自分自身で下す自分への判断というものの
精度が上がってくるので

これをずっとやり続けた方がいいんです

って自分自身一人にしてみると
そのやり方は正解なんです

他人・女性と関わる時にこれは
うまくいかないことが多くなって

自分の判断は多くの物事を理解して
理屈で判断したほうが正解に近づく

っていう考えを持ちいて

自分の中に知識を蓄積していくタイプ

それとは違う、自分の感覚で生きている人

とは話が合わなくなってくるんです

感覚で話す人は自分の感情で物事を
考えるので一番人間のシンプルな
原始的な感情を利用し持ち込んでくると

あまり正解には近くないんです

典型的なケースは瞬間で判断をする

という脳の機能を最優先で使ってしまうので

特に難しい問題の時は
この脳の習性を使うと失敗が多くなるんです

ところが厄介なのが

人間は自分が感情的に興味を持っているものや
感情的に判断を下したものは

正しい

っていうふうに考えて

正しいと考えてからそれを合理化しようと
するんです

つまり、こじつけですね

いいわけであったり

そうなっちゃうといくら理屈で話をして
合理性の話をしても
もうどうにもならないんです

これってあらゆる場面で見かけるので

感情で話し出してる
感情で判断をする人が強く言い出したら
もう何も入れないです

どれだけこちらが理屈を立てて合理性を
説明しようとして、ものを感情で判断する人たちは

理解したくない

という状態になるので話を聞かないんです

あとは感情で言い続けるので

そこには建設的な話というのがなくなって
ただ言い合いになってしまうので

これは本当によくあることで

特に男性と女性とですと

この対立傾向が見られることが多くなるので

女性であまり物事を考えずに
感情で生きてきたタイプの人とは

これで対立することになっちゃうので
注意が必要です

この感情最優先で決める人って
その感情をうまく操られると

もともと理屈では考えないので

めちゃくちゃな意見を受け入れたり
占い師に傾倒したり

というパターンにはまりやすいんです

理屈で考えない人ってこういう
訳のわかんないものにハマる傾向とかが
あったり

スピリチュアルが好きだったりするので

自分の近しい人として関わる場合

考える力が弱くて
すごく感情を前面に押し出して物事を
判断する人はあまり適してる人じゃない
可能性が高めです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-見抜く

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER