honey








ある時期、モテないと良い男になれない理由。

その人が、小さい頃から愛されてきた量。
この量の影響を受けて、その人の人格の多くの
部分が構成されている事については
多くに人が知っている部分となります。

 そして、そのもらった愛情を糧として
その後も、人格を構成していき、大人になって
いきます。その量が十分であればあるほど
その人は、幸せになれる確率も高くなります。

 

自分から色々な人に愛情を与えて、そして
与えられて、良い関係を築けるようになって
いきます。

 

ただ、その状態が一時期、狂う時がきます。
圧倒的に狂ってしまう時が来ます。

 

それが、思春期です。

 

この時期になると、多くの人は、より強く
多くの愛情を、一方的に受け取りたいと思ってしまい
もっともっと、自分に注目をしてくれ。
そして、多くの人が自分を好きになってくれて
愛情を一杯使ってくれ。
一方的に使ってくれ。
と思ってしまいます。

 

この時期になると、一方的に、そして大量の
愛情を求めてしまうのです。
こうなると、当然、求めている愛情量と
供給される愛情量には、非常に大きな差が生まれます。

 

そこで、ある程度、自分の求めているような
愛情量を得る事ができた人。
つまり、ある程度、モテる事ができた人。
狙った女性、ないし、ある程度満足できる彼女
を作る事ができた人は、満たされます。

 

しかし、ここで思ったような愛情を得る事が
できなかった人。

 

※ちょっと、わかりずらいと思いますので
補足すると、この思春期での愛情というのは
同世代のターゲットとなりえる女性達からの
愛情を意味しています。

 

こういった男性達は、いつまでも、その時に
得る事ができなかった愛情を得たいと
心の底から思いながら、愛情が不足している
状態で、生きて行く事になります。

 

そうなると、その部分の欠如により
大人になる事ができなかったり
何かしらのシワ寄せを、どこかに持ちながら
生きて行く事になる確率が高くなります。

 

これは、幼い頃、十分な愛情を受けて育たなかった
ケースと、似通った結果になると考える事が
できます。

 

そういった事がのちのち影響してこないためにも
俺達男性は、なるだけ早いうちから、女性達から
愛情を受け取る事ができるような男性に
ならないと、自分自身にとって、大きな
デメリットを受ける事になってしまうのです。

 

実際に、多くの男性と話をしていて、この時期
から、モテない事を経験し続けている人の
多くが、かなり苦悩している現実があります。

 

それに、どうしても、精神的にも、キツイ経験を
繰り返し繰り返ししてしまうと
歪み出てきてしまって、それが
原因で、人間関係全般が、上手く回らなく
なってしまう人も、やはり多々います。

 

なるだけ、早いうちから、どうやったら
女性から、興味を持ってもらい、それを恋愛に
発展させるのか?

 

この点について、研究・検証をしていく事が
必要だと思います。
その期間が遅くなればなるほど、自分の中に
抱えている、マイナス要素を、昇華させる
事が難しくなっていきますし、遅くなればなる
ほど、それに比例して、昇華させる時間も
多く必要となってきます。

 

自分自身の今後の人生のためにも、男性は
女性に対する欲望を、きっちりと満たせるように
ならない事に対する、デメリットがあまりに
大きすぎます。

 

見ないふりをしていては、いつまでも
進展はありません。

 

自分は、別に大丈夫だと思っていても、
そういった事がどういった形で
表面化してくるかは分かりません。

 

体に影響がでる人もいます。
顔自体の表情に影響がでる人もいます。
精神的に影響がでる人もいます。

 

早めの対策を。ガチで。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事




honey




タグ


2011年12月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思春期の影響

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

このページの先頭へ