Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

推理は結局、相手の事を考える事

ちょっと前に、女性の事を知るために
女性側の情報を見て、その女性が
どういったタイプかを考えていく。

といった話をしました。

これは結局、その女性を理解する
ための基本的な行動になるわけです。

そこから女性は何を言わんと
しているのだろうか。

と。

もし、あなたが超仲良しな友人が
いて、周りの人間の事も考え
られるし、配慮もできる
いい奴だとします。

皆で遊びに行く予定で、
日程調整などもしていて、当日に
なった時に、その友人から。

「ごめん、今日、、、
行けなくなった。」

となった。

もし、そのまま自分の気分のまま
いうならば、

「前から決まってた事だろ。
ドタキャンはないだろ。

他のメンバーも迷惑するだろ。」

ってなります。

ここが理解の差が出るところだと
思っているんですね。

もしこの友人の事を十分に
理解ができていたとするならば。

この友人は、ドタキャンなんてする
はずがないって事が分かります。

そしたら、次に考えるのは、

「そうせざるを得ない理由が
何か彼に突然起こったのだろう。」

ってことになります。

これが分かっていると、その時に選択
する言葉は全然違ったものに
なると思うんです。

「どうした?。
何かあったのか。
大丈夫か?。」

これになります。

相手を理解している事で、選択
できる言動というのは
こんなに違うものなんです。

推理ゲーム。

といった言葉は悪いですけど。

女性側の情報を見れるのであれば、
そこから推論を立てていくというのは

その人物像を理解していくための
良い練習になると思うんです。

これをなくして、

「この女性には、どんな働き
かけをしたら、乗ってくるかな。」

というのは分からないと
思うんです。

〇〇したら⇒〇〇。

っていう方法で女性を獲得する事も
できるんですが、

それは流動的な付き合いに発展をした
場合には通用しないわけです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2017年4月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:好かれる方法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ