Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

手軽な方法に逃げない方が良い理由

例えば。

ちょっと前には、mixiが流行して
そこで女性との接点を作る事が
効率が良いと考えられていました。

基本的な戦略は、ターゲット女性に
向かって絨毯爆撃のように
メール落としまくる。

(ツールとかを使って。)

で、リアクションがあった女性に
ロックオンして、サイトを通して
やり取りをして、個人メールにへと誘導する。

そこで口説きまくって。

会う展開に持って行く。

これが王道でした。

で、全体像はシンプルなので多くの人が
その活動を採用したのです。

実際にそれまでに、あまりうまく女性との
接点を作れなかった人もこれで
作れるようになりました。

が。

その後、当然、そういった事を趣旨とする
場所ではないですから。

規制が入り。

終了をしました。

さて。
この活動でのキモは。

ターゲット女性に絨毯爆弾メールをする。
リアクションがあった女性を
ひたすら口説き続ける。

という点にありました。

が。

これって、それの形に完全に依存を
している活動で成果を出していると
その形が崩れたら終わります。

それに・・・
シンプルな形ですが、効率は悪いです。

あまり誰でもすぐに実行できる形に
依存をした活動のみに重点を
置かない方が良いです。

簡単だと飽和もしてくるからです。
同じ事をやる男性が増えたら、
効率が下がります。

システムに依存をした形だけで
活動をしていると、その形が使えなくなると
他に打てる手がなくなります。

結果が出るのは自分のトータルに
積み重ねたものに依存が出来る形が
安定していて良いです。

活動の核を他人任せにするのは怖いです。

今後の活動では、そういった点を
意識しながら強化していこうと
思っています。

核の活動というのは、何かしらに依存を
しない方が良いです。

女性の集客は、各場所に頼ったとしても。

そこから女性の興味を引っ張ってくるのは

絨毯爆弾メールのような方法じゃなく。

一部の女性が反応せざるを得ないものを
自分に用意しておくという考え方。

※一部というのは、多くの女性が反応する
ようなものは、無いしそうやって
考えると見つからないからです。

これが良いなって今の段階では
考えています。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2017年11月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:方法論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ