モテる男性の特徴の「使い分け」について

ここは、モテる男性とモテない
男性との大きな違いとなります。

人は、誰しも、その人の根本的
なキャラクターを持っています。

理論的に考えて、整然とした
結論を出し、それをベースにして
人と接する人。

いつも明るくて、天真爛漫に
対応をする、ちょっと子供っぽい人。

面倒見が良くて、良く回りに
人間に気が効く人。
一歩間違うと、ちょっとお節介に
なってしまうかもしれない人。

などといった、人によって、色々な
キャラクターを持っているのが
普通です。

 

ここで、モテない男性は、自分の
その基礎となっているキャラクター
に固執します。

 

例えば、理論的に物事を考えられる
タイプならば、どの場面でも
その対応をする。

 

回りがにぎやかに、バカっぽく
盛り上がっている中、一人で
その中で、理論的な自分をそのまま
出してしまっている。

 

自分は、そういったバカっぽく
騒げるようなキャラクターではないから。
と頑ななまでに、自分のキャラクターを
そのまま通そうとする。

 

それが、モテない男性の一つの
パターンです。

 

固執・頑な。

 

自分は自分。

 

これは、一見すると、すごく
自分を持っているように感じる
かもしれませんが、人は、人の中で
生きています。

 

そして、その場面場面で、その場に
溶け込むための、一緒に楽しくすごす
ために必要となる、「キャラクター」
が存在するわけです。

 

根本的なキャラクターを変えよう。

 

このような事を言うつもりはありません。
ただ、その場面にマッチしたキャラクター
にする事は、大切です。

 

モテる男性に必須テクニックです。
飲み会で、盛り上げるためには
多少、バカっぽくても、無駄に
騒ぐぐらいのノリの方が、皆が
楽しくなれるわけです。

 

モテる人間が集まると
そこは、男女問わず、そこは
同じようなキャラクターを作り
一緒になって、その場面を作り
あげるわけです。

 

モテない人間が多くなると
その場面に、必要となるキャラクターを
作る事なく、自分はいつもの自分で。

 

と考えて、各々が、全体の事を
考える事なく、過ごそうとするわけです。

 

男性は、ただ、仕事の話を
冷静にしていて、その話を聞いている
女性は、皆で、ワイワイとやりたいから
話を聞いていない。

 

女性の一人も、ただ、自分が話したい
話を、女性友達に話したいからという
理由で、回りを無視して話をする。

 

これが、モテない人間が集まった時の
つまらない飲み会になっている
一つのパターン。

 

その場面に合った、キャラクター
を作る。無理をしない程度に
必要とされているキャタクターに
自分を寄せるというのは
女性からモテるというだけではなく
人間からモテるという意味で
大切な事になります。





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ