Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

セクシャル・プロフェッショナルへ

もちろん、どの女性にも対応できるような
セクシャル・プロフェッショナルに
なろうって事ではないのですが。

新しくやっていく活動では、そこを目指します。

もう少し掘り下げて言うと、どの女性にも
対応できるという考えではなくて。

どの女性にも、100%好みと、こうして
欲しいという欲望があるからです。

具体的に中しか感じないとか。

中は感じずらくて外しか感じないとか。

シチュエーションに興奮するとか。

男性の言葉に感じるとか。

ぞれぞれなんです。
一概にこれでOKって事はないわけです。

そして、それにマッチした行為の方が
女性は興奮しますし、感じるのは当然ちゃー
当然ですね。

そうすると狙っているのは
多くの女性に備わっている性癖に焦点を
当てる事になるのですが。

そして、そこをより特化させていく活動になります。
これは学びもありますが、その学びを
実践に落とし込まないと難しいです。

ここは段階的に成長をしていくしかないです。

男性でこれを狙って活動していこう。
そう決めている男性は、激レアな存在
になると思うんです。

だから楽しいし、意味があります。

これまでにセクシャルに関して何かしら
目的意識を持ってやってきたか。

と言われると多くの男性は、「NO」ってなる
かと思うのですが。

そこに踏み込んでいきましょう。

この事がすごい世界を自分で作れるように
なる、入り口だと私は確信をしているんです。

そうなると、自分の武器を明確に表現
していく事ができますし、その武器は

男性目線

で作られてものじゃなくて、

完全に女性側に強烈なニーズがある事が
分かって、そこに向けて作っていく武器
ですから、武器としての価値は全然違いますし。

刺さり方のレベルが違います。

男性がやりたい事を表現するのではなく、

女性が求めているものを理解した上で
提供しますよ。と女性に向けてやっていく
わけです。反応はもろに違って当然。

男性側がそういった活動をしている男性が
いる事を知っても、それって具体的に
どういった事をやるのかは、
付け焼き刃では対応が出来ないです。

それにその活動を女性に向けて表現をして
行くときに、いったいどこの表現に
女性が、ド刺さりするのかを理解して
いないと、展開をしていく時に困るんですね。

この核を知っていく事で、他のノーマルな
場所からも引っ張ってこれる。

どの女性にも刺さるような
セクシャル・プロフェッショナル
になっていくわけではないですが。

ある一部に強烈に刺さる、興味を持たれる
技術を身に着ければ。

女性を集める事に困らないような
自分を作る事ができます。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年2月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:新世界

このページの先頭へ