お祭りの思い出・・・

やばい。
天気になってきました・・・。

私は夏が死ぬほど好きで、ちょっと壊れてしまう
のもこの季節です。

すべてを捨てでも遊びたくなってしまうのも、
この季節です。

自分が制御できなくなるのも、この季節です。

すでに夏という期間の日曜日の予定は半分ぐらい
埋まってしまっています。
夏足りない。

夏と言えばお祭りで。

もうお祭りというだけで楽しい思い出がシコタマ
でてきます。

基本的にエロい思い出ばかりが率先して出てきます。

今は、毎年ではないのですがたまにお祭りを
開催する側に立って参加します。

また違った角度の参加で、それがすでに楽しいんです。
会議とかでないといけないので、面倒なんですが
その面倒さを上回るワクワク感があるんです。

今年は開催する側に参加する事にしました。

すでにもう楽しいわけです。
しかもこの楽しさは、当日まで続きますから。

そもそもお祭りが好きになったのは、小さい頃に
私が住んでいた街というのは、いわゆる田舎です。

なので、子供達が神輿を担ぎ、太鼓を叩きながら
町内を全部回るというお祭りがありました。

それに小さい頃からずーと参加をするわけです。
とにかく小さい頃の私からみたら、とても賑やかで
なんかとりあえず、ずーと楽しかったんです。

そこで完全に祭り=楽しい

ってインプットされて。

それにもう一つ印象的な思い出があって。
昔ですから、町内を回りながら1件1件
家を回るんです。
そこでおひねりをもらい。
それがお祭りに参加した子供達に配られるんです。

で。

昔ですから、それを調整するのは子供クラスの一番
上である中学生なんです。

まあ。今考えればアホなんですが。

そんな事をすれば年長がそう取りするに決まっている
わけです。

ちなみに小学生低学年は100円とかでしたw

大体毎年の恒例行事で、お祭り終わると
そのお祭りに参加をしていた中学生達は

当時は高価だった、ポータブルTVとかを持って
公園とかにたむろっているわけです。

幼いながらに

「自分も中学生になったら、そんな良いものが
買えるんだな~。」

っていうのがすごく印象的で。

さらに同級生の女の子とかと夜も一緒にいられる
わけです。なんかそれも特別な感じがして。

ちなみに、物心ついたときから女性は
大好きだったような気がします。

ちなみに。

そのおひねりを中学生が調整をするという、
まあどう考えてもダメであろうシステムは
私が中学生になるまでに調整されて大人の手が
入るようになりました。

が。

そんな事はどうでも良くて。
ただ季節が夏というだけで、ずーーーーと
楽しかったんです。
特に何もなくても。

そしてそれが決定的になったのが、

大学生になってからですね。

この世のパラダイスは、夏にあるって分かって
しまったんですね。

そして大人になり、また別角度の楽しみ方が
あるって分かって、もう一段夏が好きになると。

が。
いつでもその活動の中には、女性の存在が
あるんですけどね。

大人になると、色々な角度で女性を参加させる
事ができると学びます。

で、また楽しくなります。






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2018年6月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:雑談

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ