男女の差

あなたの理想の女性関係を考える。

私たち男性の行動を知っていくと
色々常識とは違う部分に気づいていきます

女性側はある程度の魅力を持った男性から
デートに誘われればそのデートに
応じたりします

でもいきなり「やろう」と言われて
やる人はほぼいないんです

でも男性はここに逆転現象が起きるんです

デートよりも今からやろうであったり

今夜やろう
の方が受け入れる率がざっくりと1.5倍まで
上がるんです

1.5倍です

尋常じゃないです

デートの誘いの場合は用事があったら
そっちを優先させたり何となく気が乗らないな
面倒だなって思ったりする人たちが

そういうの取っ払ってすぐに

やろう

ってなったら自分に用事があろうとも

この後の予定があろうとも
それを全部キャンセルしてても OK
しちゃいたくなるわけです

これって男性のどうしょうもない
性質を表しているんです

これはは男性はダメだって言ってるん
じゃないです

私だって男性なんでものすごく分かります
そりゃそうだ
って思います

ずっと男女関係について発信をしてきて
学んで、そして今私の中では新しい男女関係
というものを意識するようになってきました

だいぶ今まで自分が持っている常識というものが
なくなってきたんです

そしてそこに起こる現実だけを見ていると

良く言えば合理的に見えるようになってきました

悪く言えばすごく殺伐とした結論に
なってきちゃったんです

ここはいきなり話ししても理解ができる
部分じゃないのでこれはまた詳しく1から
話していかないと理解できないことなので
詳細はまた別の機会なんですが

こういったことから分かってくる事って
もちろんこれに該当しない人もいますけれども

私たち男性は女性に一体何を求めてるの
ってことなんです

もしも女性と仲良くしたい
友達になりたい考えが最優先であれば

先ほどの男性が受け入れる率は
逆転していないとおかしいんです

でも逆転はしていないわけです

男性は性的なものに近ければ近い誘いほど
乗るんです

そしてそこから遠ければ遠いほど
その誘いに乗らなくなるんです

ここから見えてくることというのは

私達が女性に求めているものは

友達になるであったり
友人関係を構築するであったり

ましてや人間関係で良好な関係を作ろう

とかそういったことじゃないんだろうな

ってことが根本では見えてくるなと思うんです

そうすると私たちが望んでいるライフスタイル
ってどういうものなのか

と、また別のものが見えてくるんです

例えば今の日本は一夫一妻制でなければ
いけないわけです

それ以外の選択をとると非常識と
なるわけです

でもちょっと考えてみてください
一夫一妻制でずっと過ごしている男性

(前提としてそれ以外の女性とは絶対に関わって
はいけないという世界という前提です)

いくつになっても自由自在に 女性を集めて
性的な時間を持っている男性

どっちが楽しそうかな

って考えてみてください

これは正解はないです

今聞いてるのはどっちが楽しそうかな

ってことなんです

もちろんメリットデメリットがあります

例えば一夫一妻制の場合
うまく関係を作っていけば自分の周りには
ずっと人がいてくれることになります

後者の場合はそうじゃない可能性が
高まるわけです

などのように自分のライフスタイルを作る時に
一度考えてみた方が良いかなと思ってます

常識だけにとらわれていると自分が楽しい
って思う生活がどういったものかが
わからなくなってる可能性があるからです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-男女の差
-,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER