トラブル

リスクを瞬間で判断していく方法

繰り返し過ごしてきた女性獲得活動の
場面によってあらゆる情報を蓄積していく

そうすると観察する力がついてきて
その状況から手がかりを探せるようになるんです

状況から手がかりを探すのは最初は少ない数しか
探せなくても繰り返し同じような場面を過ごすことで
手がかりの数が多く見つけられる

見つけるスピードも速くなる

そうするとその手がかりから過去に蓄積してきた
記憶が回り出して、その中から適切な答えというのを
導き出せるようになるんです

そうすると一般的には分からないと思われるものが
瞬間でわかるようになってくる


それを直感と呼んだりするんですけれども

正しく言語化するならば

蓄積してきた知識と繰り返しの考察によって、
現状起こっている物事から
数多くの手がかりを探せるようになり
それを瞬時で処理できるようになる

これを直感と呼んだりするんですけど

実際にはただただ処理速度の速い行動ってだけなんです

これができるようになるためには同じような条件で
繰り返し観察して
その時間を過ごすってことがコツになるんです

これは色々と自分自身で

女性側の現状の情報を手がかりから、探せるための
源泉となる知識量を増やすってのも大切なことです

(人間に備わっている性質など)

これが学ぶことのメリットの1つだからです

たとえば女性関係ならば新しい女性と
何人も接点を作り、女性側の発信している情報を見て
判断を続ける

そういった状況を繰り返し過ごすことで処理速度や
手がかりを見つけるスピードが上がってきて
判断する精度が上がる

これをずっとやっていると最初のファーストコンタクトの
段階で、その女性がだいたいどういったタイプの
女性であるかが分かるようになります

これは関わらない方がいいなというリスクヘッジが
すぐにできるようになるんです

なのでリスクを減らしたい場合は
繰り返し活動していくということが
避けられないわけです

これはすごくメリットがあって
こういった感覚が身についてくると

この人(女性だけではなく)は、まずいな

という判断というのは男女問わずに
採用できる事柄が多いので

余計な人と関わらなくてよくなってくるんです

そうすることで対女性で言えば成功する確率が
どんどん高くなっていき

トラブルが起こる率がどんどん減っていくわけです

それをやっていく練習の一つの方法として

現状ある情報から、考える事が練習になります

なぜ、この女性はその言葉を発するのか
それはどういった考えがあるからなのだろうか

ということを思考・想像することを訓練すると

じゃあこの言動を選ぶ人の考え方のベースには
こういったものがあるからこの言葉を発する

じゃあこの考え方のベースを持っている人は

質が良いタイプなのか
それとも悪いタイプなのか

という風に掘り進めて考えていくと

だいたいその人の人物像というのが見えてきて
それが大きく外れないわけです

掘り下げるというのが大切で

その人が考えていることが、ある程度の確率で
分かるようになってきます

 

もう少し話したいポイントがありますので
続きます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-トラブル
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER