脳科学

対女性への直感を鍛えていく方法

第一印象(直感)とかってすごく実は頼りになる
判断基準なんです。

それは何故かと言えば今まで自分の中に
蓄積されてきた言葉では説明できないけど
無意識のこれまでの蓄積情報が出した結論が
最終的にパッと説明ができない答えだけが
出てきている状態。

それが第一印象(直感)の説明かなと思っています。

その間にあるものは説明ができないんです。

ただ答えだけが出てくる。

ですがそれまでの蓄積というものは
かなり頼りになるもので
結果的には第一印象というのが
かなり当たるわけです。

ではこの精度を高くしていこうと
考えても、これはすぐには身につかないんですね。

直感とか勘というものは、すぐにはどうにか
ならないんです。

例えば私たちは今は特に意識しないでも
2輪の自転車に乗れますし
歯を磨くことも出来ますし
コップに水を注ぎながらコップを
割らないように持っていることもできます。

ロボットにやらせると難しい作業というのは
コップを持ちながら水を徐々に増やしていく
という作業らしいのです。

それはなぜ難しいのかといえば
徐々に重くなっていくコップに対して
必要な握力の出力というのが
適正に行うという指示が難しいらしいからなんです。

けれど私たちはそれを無意識に
行うことができるわけです。

こういった作業の指示を出している
脳の部位を司っている部分というのは

直感で動く部位

と一緒だと言われているわけです。

私たちはできるようになっていること
例えば自転車に乗れるというのは
いきなりは乗れないわけです。

繰り返し練習をして 徐々に慣れていく
そして一度乗れるようになったら
その後は特に意識しなくても
乗れるようになる。

これと直感というのは同じ部位から
命令を出されているので
性質としても同じなんです。

繰り返し練習をして分かるようになっていく
ということは対女性に関しての直感力を
高めていこうと思った場合。

何が必要になるのかと言うと
お分かりの通り繰り返し練習をしていく
繰り返し色んな女性とコミュニケーションを
とっていくということにつながるわけです。

この活動をなくしてたい女性への直感というものの
精度は高くならないわけです。

なぜならば直感というものは
上記のような繰り返しの上に成り立つ
といった性質を持っているものだからです。

勘と言うとなんとなく適当なものという
感じがしますけど
それまでに蓄積された膨大な情報量を
とんでもないスピードで計算をして行って

パンと瞬間で出てくるものが直感なわけです。

その間の工程は説明できないんです。

それぐらい多くの情報がその計算の中には
含まれているからです。

ですからこの直感を鍛えようとして
その直感の質を高めようと思ったら
膨大な蓄積がいります。

その代わり膨大な蓄積をしてから出される直感
というのは、その精度は高いのです。

なぜかといえばその部位というのは
なかなかミスらない部位なんです。

例えば私達は自転車に一度乗れてしまえば
普通の道を走ってて転ぶってことはないですよね。

コップに水を注いでいてコップが
重くなってきたら手に入れる力の加減を
間違えてコップ割っちゃった
なんてこともないわけですよね。

そのように一度覚えたものは
間違わないというのが直感を司ってる
脳の部位の一つの特徴ですから。

その直感を鍛えるというのは大切で
かなりの強力な武器になるわけです。

そしたら女性と一緒にいても
考えることなく、まるで自分が女性のことを
透視しているかのように次々とその女性が
見えてきてしまう。

それは自分の中で無意識レベルで
とんでもない計算を行っているから
ということが分かってきます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-脳科学
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER